読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再度花ほか

染井吉野の原産地は当然吉野と思ったら東京でした。

豊島区駒込が発祥の地。駒込地区は江戸時代に染井と呼ばれていた。この地の植木職人が明治初期にかけて大島桜と江戸彼岸の交配で作り出した、とされている。

小金井公園

私の自宅近くの花の名所は都立小金井公園です。古くは、すぐ脇の、玉川上水土手が花の名所として錦絵に描かれたが老木化して見る影もない。

昨日の段階では、6~7分咲き。明日から週末が満開でしょう。しかし、宴はすでに佳境に入っている感じです。

f:id:recoca1940:20170405103223j:plain

昨日ここを訪れた目的は宴会のためではありません。公園内にある江戸東京建物園が目的です。なぜかというと、園内に生息する花を難問その2として出題するため。

そのまえについでだから園内の建物を見ておきましょう。ここは東京近郊、いわれのある建物を一箇所に移築したものです。さいきんでは大勢のボランティアさんが説明役に案内してくださいます。

 

まず目に付くのは、高橋是清邸。2・26事件でこの家の2階座敷で暗殺されました。

f:id:recoca1940:20170405104256j:plain

ここが暗殺された座敷です。

f:id:recoca1940:20170405104117j:plain

つぎに、三井財閥、三井八郎右衛門邸

f:id:recoca1940:20170405104521j:plain

洋館もいくつかあります。そのうちのひとつ。デ・ラランデ邸

f:id:recoca1940:20170405104619j:plain

次は格式ある豪農の農家、吉野家。江戸後期の名主。左手に式台付きの玄関がありますが、鷹狩りのお殿様が休息のための出入り口で、下々は使えません。右手の土間が普段の出入り口。屋根の葺き替えは5年おき、3千万円だそうです。都の予算が膨らむのもうなづける。

f:id:recoca1940:20170405104748j:plain

なかで、囲炉裏を炊く実演が行われていました。

f:id:recoca1940:20170405105632j:plain

反対側のゾーンには下町の商家が移築されている。

f:id:recoca1940:20170405111500j:plain

傘屋さん。江戸川区小岩の和傘問屋。昭和5年ころの様子。

f:id:recoca1940:20170405111543j:plain

大正期、港区白金の醤油屋。味噌、醤油、酒の商い。レジの機械が興味深い。

f:id:recoca1940:20170405111628j:plain

タバコ屋さん。「朝日」の銘柄、漱石の小説にもよく登場します。

f:id:recoca1940:20170405112333j:plain

旅籠の部屋。青梅街道沿いにあった万徳旅館。昭和25年ごろの室内の様子。

f:id:recoca1940:20170405112527j:plain

子宝湯という銭湯。足立区千住、昭和4年。神社仏閣を思わせる大型の唐破風など贅を尽くした作りになっています。

f:id:recoca1940:20170405112838j:plain

下町路地の再現。

f:id:recoca1940:20170405114223j:plain

万世橋交番。明治の建築様式。

f:id:recoca1940:20170405113720j:plain

上野消防署望楼上部。火の見やぐらのこと。高さ26m、昭和45年まで実用。

f:id:recoca1940:20170405113916j:plain

徳川家光側室の霊廟。

f:id:recoca1940:20170405114424j:plain

伊達家の門。旧宇和島藩伊達家が大正時代に東京に建てた屋敷の表門。大名屋敷の門を再現している。

f:id:recoca1940:20170405114708j:plain

おまけ

f:id:recoca1940:20170405114942j:plain

●さて花クイズ、難問その2です。どうでしょう。

f:id:recoca1940:20170405115119j:plain

・見下ろせば渦潮猛き崖に花

・渦潮のブラックホール花吹雪

・一片の花の行方や潮の渦

・おずおずと歩む絨毯落ち椿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も花は未だ

東京の花は満開だそうだが、都心から北西2,30kmの多摩地方(それでも都内です)はせいぜい1~2分咲き程度。

 

暇に任せて春の陽気の小川沿い散歩道を歩く。散歩する人、サイクリングの人、魚釣り、ピクニック、昼寝、お絵かき、思い思いに春うららを楽しむ姿が見えた。

あくまで澄み切った春の水。

f:id:recoca1940:20170402222625j:plain

家族連れのピクニック、お昼ね。

f:id:recoca1940:20170402215951j:plain

お絵かきをする人。

f:id:recoca1940:20170402220113j:plain

魚釣りの人。

f:id:recoca1940:20170402220206j:plain

白鷺もいた。

f:id:recoca1940:20170402220318j:plain

この小川に生息する魚と訪れる鳥の一覧。

f:id:recoca1940:20170402223139j:plain

 

川のほとりにあるユキヤナギに囲われた池。

f:id:recoca1940:20170402220446j:plain

ユキヤナギの群生

f:id:recoca1940:20170402220647j:plain

すぐ近くにある竹林

f:id:recoca1940:20170402220745j:plain

さて花クイズ、難問その1です。

f:id:recoca1940:20170402221235j:plain

全体像は以下2枚、こんな感じです。

f:id:recoca1940:20170402221338j:plain

f:id:recoca1940:20170402221447j:plain

くすのき科の低木。早春に黄色の花をつけ、実から油が取れる。

 

 

 

 

 

 

 

花は未だ

●「教育勅語を教材にすることを否定せず」、教科書検定で「パン屋⇒和菓子」、「遊具の公園⇒和楽器店」。こういうことをしなければ、安倍総理は国の守り人として頼もしいのだが。国土防衛はこのような時代錯誤の精神が伴わないと出来ないものなのだろうか。不思議だ。

民進党がリベラルな精神で国土防衛に熱意を注いでくれるのならむしろその選択肢もありだが、なんとも頼りにならないことが露呈してしまっているからね。安倍一強の国民の不幸、ここにあり。

●うちのすぐ隣の道路わきにとてつもなく立派な辛夷の木があり、まさに満開である。例年これも同じ道路の桜並木の花と競うように咲き誇るのだが、今年は花がかなり出遅れているようだ。

f:id:recoca1940:20170401132254j:plain

青空をバックにしても見事な眺めだが、日暮れ時の薄明かりに白く浮かび上がった様もなかなか風情がある。

・黄昏や辛夷の花の薄明かり

・白雲や枝垂れ桜の続く道

●季語の地方によるずれ

講座の質問集から

①北海道や沖縄など、地域によっては季語が合わないことがあります。季節のずれをどう考えて詠めばよいですか。

「俳句の基本は当季を詠むということですから、北海道なら北海道の、沖縄なら沖縄のその時々にあった季語をもちいて作句されては如何でしょうか。たとえ地域が変わっても、季語そのものが持っている季節感に変わりありません。」

②季語の本意(=背景)を知るにはどうしたらよいでしょうか。

「大型の歳時記には季語と例句、本意に触れた解説も載っています。しかし季語の本意に縛られすぎると、知識優先の句作りに陥る可能性があります。矛盾するようですが、頭で考えず、まず実物を見てその感動を詠んでみます。そのあとで、歳時記の例句と解説を読まれることをお勧めします。」

●花

前回記事の桃のような花のアップ写真です。これで判別できるでしょうか。

f:id:recoca1940:20170401135125j:plain

 

第2回添削句

今朝は珍しく二日続きの冷たい雨。菜種梅雨というのだろうか。まだ早いか。

こういうときは俳句が絶好の暇つぶしだが、この天気を象徴する如くぱっとしない添削が返ってきた。なんちゃって師匠の化けの皮がこうして一枚づつはがれていく。

敵も営業を心得ている。初回は飴をしゃぶらせていい気分にしておいて。2回目からが本当の勝負。しかし成果が一つあった。志月さんの「黙しけり」を借りた句が「良」評価だったこと。志月さん、ご自分のセンスに自信を持っていいですよ。

俳句を志す方のために添削結果を公表しておくので参考になさってください。

1.上5に「や」の句

・菜の花やぬっと顔出す親子連れ←(可)

「どこかほほえましい作品ですが、中七の「ぬっと顔出す」が切れ字の後なので、どこからだろうと思います。少し唐突過ぎるようです。」

添削句 菜の花や親子の遊ぶ畑の中

2.「かな」を使った句

・初音までお国訛りの稽古かな←(可)

「滑稽味があり面白い作品です。初めは上手に鳴けない鶯ですが、「稽古かな」はすこし過大表現のようです。」

添削句 訛りあるやうに聞きたる初音かな

3.「けり」を使った句

・花吹雪句帳を閉じて黙しけり←(良)

「いい作品です。花吹雪の美しさがよく表現されています。このままでもいいのですが、上5で切れができるので、中7に続くようにしてみました。」(注。上5に切れ字がなくても、切れていると切れ字があるのと同じ、と言う意味のようだ。)

添削句 句帳閉じ花降る中に黙しけり

総評「一句目は楽しい写生句です。作品の背景を読むとよく分かるのですが、作品だけからでは分かりにくいと思います。

2句目は、冬の季語では笹鳴ですが、春は初音ですね。上手に鳴けない様子をお国訛りの練習をしていると捉えたところは面白いのですが、「初音まで」のまでが不要ですし、すこしオーバーな表現かと思います。

3句目は良句です。」

総合評価 「良」

・・・・・・・・・・・・・・・・

一句目。添削句では面白みが欠ける。講師先生の見解なれど生徒は元句に拘りたい。2句目。どの辺までが過大表現なのか、見解は人によるのでは。

「黙しけり」が気になっていたが、この表現へのお墨付きを得た。「花吹雪」で確かに切れがあるが、添削句の「句帳閉じ」でも切れてるように見えるが・・。

花クイズ(桃?)

f:id:recoca1940:20170327152048j:plain

 

 

 

合唱団白樺公演

恒例の合唱団白樺公演に足を運んだ。(3月20日)

新宿文化センター大ホール1800人の会場が満席になるので、無料招待券の客はかなり時間の余裕を見て入場しなければならないが、今回もやっぱり3階最後部。でもゆったりと鑑賞できてよかった。

 

今回は開演早々からコサックダンスで度肝を抜く趣向で、お客を楽しませる演出満載。15年くらい聞き続けているが、ひところに比べて格段に4声のバランスが良くなりパワフルになったのを感じる。心境著しいのがバス。ソリスト級も増え、本場のロシア合唱特有の重厚な響きになってきた。

チケットをくれるテノールの友人は70過ぎだが声量といい声の色艶といい、いまだ合唱団を代表する存在。流行歌手で懐メロに出る歌手の多くが声の衰えで聞くに堪えないのと大違いだ。天性の声帯なのか、特別の訓練法でもあるのか聞いてみたい。

 

この合唱団は非常にメッセージ性に富んだ活動が特徴。6年前の震災後は、仙台を拠点に被災地激励公演を精力的にこなしている。福島原発事故チェルノブイリ原発事故を教訓とする「原発の無い世界を願う」のメッセージを底流に秘めたコンサートであった。

それでいて音楽の質は抜群にプロ級であることがすごい。現役社会生活と合唱をどうやって両立させているのかにはいつも驚かされる。

 

今回も日本でほとんど知られていない、ショスタコビッチ編曲という珍しいロシア民謡日本初演10曲は非常に意欲的で印象深かった。しかも全曲合唱団自らの訳詩(露語⇒日本語)。2時間半の公演全て暗譜で通す精力ぶりはすごかった。関東在住の方は、1泊してでも聞きに来られて損の無い合唱団であることを保障する。

f:id:recoca1940:20170325115542j:plain

f:id:recoca1940:20170325115623j:plain

3階の最後部から。このあと瞬く間に満席。

f:id:recoca1940:20170325115657j:plain

とても珍しい民族楽器バラライカバラライカ合奏団との共演もあった。

f:id:recoca1940:20170325115821j:plain

f:id:recoca1940:20170325120114j:plain

f:id:recoca1940:20170325120235j:plain

話が突然変わるが、新宿文化センターと地下鉄東新宿駅間のおしゃれなレストラン街に名古屋飯の店があってびっくりした。ので帰りに味噌うどん定食で身も心も満腹。

・コンサート終えて朧の月仰ぐ

f:id:recoca1940:20170325120603j:plain

ウラジオストックツアーが意外と人気です。

f:id:recoca1940:20170325121445j:plain

 

豊洲

地下水からベンゼンは基準値の100倍、シアン、ヒ素も出現。地下水を飲むわけでないから安全だそうである。そのくらいのことは、わざわざ「科学的に安全」などと勿体ぶらなくても猿でも分かる。

でもね、食事というのは理性でするものではないんですよ。毒の上に卓袱台置いて食べるごはん、どのくらい美味しく頂けるものなんでしょうか。
第一、地下水はどうなっていても地上に影響ないなら、なんで測定するの?
築地がそんなに危ないなら、築地も測定して豊洲と比べないと「科学的」比較がされたことにならないと、なんちゃって科学者もどきは考えるのですが、どんなもんでしょうか。
もっと不思議なのは、移転派がいうようにコンクリートで蓋をしてしてしまえば問題ないというなら、毒入り表土を除去する必要などそもそもないのでは? 専門家集団も本当は内心不安なんでしょう。なにしろ、「想定外」という強敵がいますから。

なんか、原発と似てきたな~。放射性廃棄物、地下に埋めてしまえばいい?地殻変動という想定外は起こっても自分たちの死んだ後だから知ったことじゃない?豊洲のコンクリートがひび割れする「想定外」も未来に丸投げですか。
第3の候補地を探すことしか「安心」はないと思うのですが、おじいさんの杞憂でしょうか。

新聞に昨日面白い川柳が載っていた。

「線量」も「豊洲」も直ちに影響ない

福島原発事故の直後、当時の民主党官房長官が呪文のごとく唱えていた言葉覚えてますか。「健康には直ちに影響ありません。」これには、長期的には、知らないけどね、という意味が言外にある。これを俳句の余白を読む、といいます。俳句をやると疑り深くなるようです。ヒ素だって少量じわじわ食べれば原因不明で死んでしまうのだから、長期的にはどうだか知れたものではない、という川柳でした。

気分転換の俳句

・春雨の相合傘の夜景かな

・震災の万の墓標や花ミモザ

・天保の墓標にやさし春の風

花クイズです。霊園にありました。

f:id:recoca1940:20170322073638j:plain

想定内・外

今日は久しぶりに風もなく春です。春めく、暖か、麗か・・のような、眠気を催すような陽気を久しぶりに感じました。

 

眠気を追っ払って、朝刊を見ると「津波予見可能と認定、国・東電に賠償命令」

当たり前の結論を出すのに6年の慎重審議とは恐れ入りますが、常識的判断でしょう。

古文書や地質を見れば大地震の痕跡が分かるし、計算で津波の規模がある程度予測できるから、備えを怠ったといわれるのは仕方ないと思われます。

仮にこれをクリアしていて、6年前の津波ではセーフだったとしても、ほかに「想定外」のことは山ほどあるはずです。だから、想定外なのですから。一旦。そういうものの洗礼を受ければどうなるかを福島原発は教えてくれているのですから、なぜ教訓にしないで平気で再稼動なのでしょうね。

 

ところで我が家のささやかなる想定外といえば、かみさんの血圧が160よりかなり上と一般常識から見ると高いということが突然分かったこと。数年前まで、むしろ低いということになっていたのに70過ぎたら突然高血圧??しかしこういうことはよくあるようだ。

 

あわててヤマダデンキで格安血圧計を買ってきて計りはじめた。そのことで主治医のところへ行ったら、血圧計なんか買ったんですか、と憮然たる表情で、過去の検診記録を仔細に調べ、「あなたのような人は心臓疾患、血管の病気、がんでは死にません。」と言われて意気揚々と引き上げてきた。

 

どういうことだろうと、ネットで「良心的」な専門家の見解を調べたら、どうもこういうことらしいですね。一般に、健康人の血圧には非常に大きな個人差がある。日本で何万人という健康人の血圧の頻度分布を調査した研究があるそうですが、130~180の間きれい正規分布をしている。つまり、130でも180でもその人は健康であるわけです。その正規分布の平均値(中央値)が150だった。

 

なので、数年前高血圧学会だったかが、正常血圧が150以下と発表しました。ところが、検診ではなぜか相変わらず140を境界線としている。これを越えれば、機械的にお薬・・。製薬会社とつるんでいるのでは、と疑われても仕方が無いです。

 

さらにいえば、中央値150も全く意味がありません。130でも180でも健康な人は健康なのですから、150で切る意味が全く無い。さらにいえば、無理無理薬で降圧して寿命が延びたという研究結果は無いそうです。逆はある。

なぜかというと、血圧を下げて血流を悪くするとそのためのデメリットが生ずる。典型的なのが、認知症、ガン。心臓が最適と判断して送り出しているのがその人の血圧であるということをよくよく認識すべきだ、ということのようですよ。

むしろ考えるべきは、むりむり降圧するんじゃなくて、血管の老化対策、若返り法でしょうね。これは大いに意味がある。

次のYOU TUBEでじっくりお聞き下さい。

・さえずりや懐手して縁の先

https://www.youtube.com/watch?v=SM6oo1msuxE

https://www.youtube.com/watch?v=krNjtuVBm40

花クイズです。スーパーの植え込みにありました。

f:id:recoca1940:20170318134825j:plain