オカリナ、リコーダー演奏

♬ラヴイズオーバー

今朝の伊豆の地震、隣町の小平は震度3となっているが、東久留米ではドーンという感じで数秒後ちょっと揺れた程度だった。地盤の違いだろうか。伊豆のこの辺りは大地震近しと前から言われているところなのでしばらく注意が必要だ。 西日本はまだ梅雨入りして…

♪あざみの歌

白い花の咲くころと同様RECOCAお好みの歌、あざみの歌です。両方とも昭和20年代のNHKの名放送番組「ラジオ歌謡」に登場した歌。清純な昭和20年代の歌謡曲を代表する名歌で、子供の頃このような歌に触れて歌謡曲ファンになっていました。 昨日の「白い花の咲…

♪白い花の咲くころ

昭和20年代歌謡曲愛好家としては、どうしてもアップしておきたい曲がある。 白い花の咲くころとあざみの歌。きょうは、白い花の咲くころ。RECOCAのリコーダーでどうぞ。なお、画像は居候の光さんのブログからお借りしています。 youtu.be

新曲アップ(夕焼雲)と今朝の新聞から

今朝アップした曲は、RECOCAのオカリナで夕焼雲。久しぶりに演歌です。千昌夫のオリジナル歌唱ですが、この人の歌唱は好みではないのでここへは載せません。 youtu.be 今朝の新聞から一番面白かった記事 ①期日前投票 最近、期日前投票にいったことがないので…

♪初恋(啄木)/♪故郷

ご近所で、オカリナのピアノ伴奏をして下さる方を見つけました。 今回はその最初のコラボ作品です。 ・まず、啄木の短歌「初恋」につけられた歌です。 「砂山の砂に腹ばい初恋のいたみを遠く思い出ずる日」 この短歌に越谷達之介という先生が類まれな名曲を…

開店/♪♪花嫁

・新緑の風令わしき船出かな 〇婿さんの「お魚とごはんの店・エデン」が予定通り20日午前11時半に開店した。出店の発想から開店まで半年という高速事業なので、俳句でいえばこれから推敲の段階といったところ。昨日はお天気と陽気に恵まれたことも幸いして、…

♪マロニエの木陰

マロニエ(鈴懸の木)第二弾、マロニエの木陰(こかげ)です。 昭和12年(1937)の作。ヨーロッパ、とくにフランスにはマロニエの並木道があり、当時の日本人には非常な憧れで、しかも簡単には洋行することなんか夢のまた夢物語だったのがヒットの背景だった…

♪国境の町

お早うございます。 眠気覚ましに花クイズ。この花は何でしょう。今咲いている花。 今朝の歌は、昭和9年の超懐メロ、国境の町です。 今の時期旬の国境は米国とメキシコですが、この歌の国境は満州とソ連、今でいうと中露国境です。個人的には、この曲は戦時…

♪鈴懸の径

前回、灰田勝彦の歌った新雪をアップしましたが、灰田勝彦のヒット曲の双璧をなすのが今回アップする鈴懸の径だと思います。昭和17年の作品ですから新雪と同じころ、先の戦争の激しくなる直前です。 鈴懸の木とはプラタナスのこと。歌詞はとても簡単、7語の…

♪新雪

今日の曲は、懐メロ「新雪」です。 年配の方はみなご存知、今もカラオケで歌われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。詞がさわやかで前向きだし、なによりもこのタンゴのリズムとメロディが心の底からウキウキするような感触を与えてくれます。これが戦…

♪昴

今回の曲は昴です。 とても雄大な歌詞は元歌を見てください。 youtu.be youtu.be 〇花の名 この花の名前教えてください。友人からの問いで、名前がどうしてもわからないそうです。 葉はこんな形です。

♪島原の子守歌

今朝は、島原の子守歌です。 この曲は、五木の子守唄と双璧のよく知られた曲。 日本民族の心に染み付いた哀愁のメロディです。 youtu.be この歌の歌詞は地元の方言がそのまま使われていて一部理解不能の箇所があります。どのくらい分かるか歌で確かめてみて…

♪千の風になって

今朝の曲は、千の風になって。 その前に令和です。間もなく令和の年に切り替わりますが、「令」の解釈についていろいろあるようです。国民の直感的受け取り方は、「命令」の令からの連想で冷たい印象を抱く人が多いですが、安倍首相はじめ令和推進者はこれを…

♪なごり雪

・野を山を祓う令和の聖五月 ・花曇り宴に欠けし人に杯 卒業式に人気の歌から、なごり雪。名残惜しいという感じが卒業の別れにふさわしいということだろうか。趣深いポップスだ。 ご存知のように、この曲は同じ音程の音の連続が凄まじい。こういうのは楽器の…

♪船頭小唄

改元や新元号のことを考えていたら、どういうわけか枯れすすきのイメージが浮かんできたので、急いで船頭小唄を録音してアップしました。 ・改元や心に巣食ふ枯れすすき ・改元の風清らかに聖五月 youtu.be 先日、たまたま所沢えきのホームにいたら、西武池…

♪翼をください

今朝の曲は、翼をください。赤い鳥というフォークグループの歌ですからもう50年くらいになりますか。もう懐メロの部類ですね。最近老人施設でやったら大勢口ずさむ人がいてびっくりしました。 まずは、RECOCAのオカリナでご視聴ください。 youtu.be 今日な…

♪いつも何度でも

ジブリのアニメ、千と千尋の神隠しのテーマ曲です。メロディもいいし詞が素晴らしいです。この曲の発売の時聞いてすぐにシングル盤CDを買い何十回となく再生しました。はじめのうちは歌詞をほとんど気にせず、メロディと木村弓の歌(ハンドリングハープの弾…

♬いちご白書をもう一度

この不思議な名前の曲、いつか手掛けてみたいと思っていましたが、そのときがやってまいりました。中北音研のピアノの伴奏が素晴らしかったのも理由の一つです。 初めてこの題名を見たとき、いちご農家の経済白書の歌かと思いました。そうではなくて、いちご…

♬また君に恋してる

●こぶしが咲き始めた。 やがて訪れる桜を迎え散るのを見送って自身の満開を迎える。 ・目覚めきて主役の花を待つ辛夷 RECOCA ●♬また君に恋してる 不思議な題名の歌。初めて題名を見たとき、「まだ君に恋してる」という未練がましい心情の歌かと思った。2007…

♬旅人よ

加山雄三の歌う旅人よをリコーダーで演奏しました。オカリナでもよかったのですが音域の関係でリコーダーで。岩谷時子作詞、弾厚作作曲。岩谷時子の詩はどれもいいです。それから作曲者の弾厚作とは加山雄三のペンネームです。君といつまでもとか夜空の星な…

花のメルヘン

●昨夜のNHKTV あるがん患者の発病から死にいたる450日の密着取材が放映されていた。さらには同日の「在宅死」の再放映。NHKはどういうメッセージのつもりで放映しているのかを忖度するつもりはないが、とりあえずは好ましい傾向である。こういう番組はとくに…

♬白いブランコ

今日の歌はよくご存じの、白いブランコです。 ブランコは「回想」に連動してますね。この歌の歌詞もそうです。 一番私の記憶に強く残っているブランコは、映画「生きる」の志村喬のシーンです。 ところで、俳句でブランコは春の季語です。ですが、ブランコと…

♬河はよんでいる

・今朝の朝日新聞コラム折々の言葉、に目をとめた人多かったのではないか。 「最も賢い処世術は社会的因襲を軽蔑しながら、しかも社会的因襲と矛盾せぬ生活をすることである。ーー芥川龍之介」 さすが天下の芥川、鋭い。社会に跋扈する知識人、評論家を痛烈…

♬遥かな友に

朝から恐縮ですが、「高尚な」子守歌風の合唱曲です。 遥かな友に。RECOCA究極のなつめろ回顧曲です。学生で合唱をやった人なら誰でも歌唱経験のある鉄板の定番曲だったのですが、今はどうでしょう。早稲田のグリークラブ出身でのちに作曲家として活躍した磯…

♬女一人

今朝の歌は「女一人」です。 1965年の曲ですが、皆さんご存知ですかね。永六輔、いずみたくのゴールデンコンビの作です。コンパクトな歌集2冊探したんですが載っていませんでした。結構ヒットしたらしいのですがなぜでしょう。 下に歌詞をお示ししますが、ご…

真夜中のギター

1969年発表の真夜中のギター。 フォーク全盛期の名曲ですね。 今日は何となくこの曲が心に浮かんだので演奏してみました。 オカリナは音域外になるのでリコーダーを使っています。 ♬黙って夜明けまでギターを奏こうよ~ ご近所の環境が許せば私も真夜中にオ…

埴生の宿

今日の曲は埴生の宿です。 これは日本の歌のようですが、れっきとしたイギリスの曲です。 RECOCAのリコーダーでどうぞお聞きください。ソフトなリコーダーの響きがこの曲にぴったりと思うのですがどうでしょう youtu.be 公園の梅見 ・赤提灯そぞろ歩きの梅見…

「喫茶店の片隅で」・・古いけど気品ある歌

今日は久しぶりに穏やかな、北風も弱そうな小春日和。あっ、もう春だから小春日和とは言わなかったですね。とにかく春の近いのは確か。そこで今日は、古今東西数ある歌謡曲の中でもっとも気品ある曲だと私がおもっているのを紹介します。これはだいぶ以前に…

赤いスイートピー

・水仙の香り向こうは無垢の海 今日のRECOCAのオカリナは気分あらたに、水仙でなくて、赤いスイートピーです。だいぶ前にJunchanさんのご希望だったのですが、やっと伴奏カラオケを見つけたので録音しました。全然知らない曲だったので楽しかったです。 曲自…

イエスタディ

今朝は東久留米地方、朝から雪模様、本格的にはこれから日中にかけてです。どのくらい積もるかな。雪かきしなくてもいいくらいで止んでもらいたい。雪のための移動を考え、行事が一つ延期になりました。 こういう籠城の日はRECOCAのオカリナをたっぷりレビユ…