読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詐欺(2)

 

昨夜のNHKスペシャル「老衰死」

その定義は、「無病による自然死」。

番組を見るとこれも大変だ。すくなくとも、いわゆる「ピンピンコロリ」では決してないことは覚悟しなければならない。朦朧となって、食べられなくなり、ほとんど意識不明の状態が、1週間~1月続く。無病だから病院には入れてくれないから、自宅か施設でみとることになる。自宅で、となると大変だね。

QOL=クォリティ・オブ・ライフという言葉は定着したが、QOD=クォリティ・オブ・デスという言葉がある。QODとともにQODを高めるのが理想。世界一高いのが英国。

無駄な延命措置を講じないのが高いQODに必須。ちなみに、胃漏(胃に流動食を流し込むこと)は延命に全く効果なしという研究結果だそうだ。

高QODは如何に「死」を悠然と受け入れるかにかかっている。

実は死は意識の終わりではないという研究が昔から大量になされている。知らない人は信じられないだろうが、まーいいではないか。いずれ死んでみれば分かることだ。

仮に意識の終わりなら、それでもともと。万一死後生があったらどうする?そのときに備えて、生前から準備をしておくのが賢い人の生き方だ。どういう準備?本をお読み下さい。

f:id:recoca1940:20150921074901j:plain

f:id:recoca1940:20150921081856j:plain