読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きな臭い?

米国が南沙諸島海域へ海軍の派遣を決めたとの報道。ここは中国が埋め立て人工島を作って勝手に12海里自国領土宣言をしているところ。

実際に米海軍がここで闊歩したら一気に緊張が高まり、最悪武力衝突も。

実はここは日米の重要要衝地帯。

日本:中東などからの原油タンカーの通路。

だからここの制海権を敵国に握られるとその属国になってしまう。

米国:この海域からミサイルを発射されると米国本土に届いてしまう。(中国本土から米国には届かない。)

だから、日米はここの制海権を絶対に敵国に渡してはならない、という共通の利害関係にある。

だからもし、米中武力衝突があって、日本に自衛隊の協力を要請をしてきたら、今回の安保協定強化で、よほどの理由がない限り、断ることは出来ないだろう。

南沙諸島で遣った手口がうまくいけば、中国は必ず尖閣諸島に拡大してくる。

「戦争反対」のスローガンだけでは、このような現実の国際緊張に対処するのは難しいように思える。今回安倍政権の支持率が上向いたのは、冷静に諸般の事情を考慮する余裕が生まれたからではないかと思う。

ところで中国は、巨額の資金援助を武器に英国はじめEUに食い込もうとしている。きわめて困難な国内事情から、派手なパフォーマンスが必要なためだ。国民の福祉が置いてきぼりになっていかないか懸念される。

headlines.yahoo.co.jp