読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランプ

ひちならべやポーカーの話ではない。米国大統領選挙

このブログでは政治の話題抜きの方針だが、米国があまりにもおかしいので一言。

異色の候補トランプ氏は下記の如く驚くべき発言をしている。

これは煎じ詰めれば、米国はもはや他国の面倒を見ている余裕はなくなってきたので、駐留米軍が必要なら日本はもっと金を出せと翻訳できる。

この手のトランプ氏の発言は米国の膨大な数の貧困層から熱い支持を受け、共和党の代表候補になる勢いである。いわば、格差社会の犠牲者の巨大マグマがトランプという火口を通して噴火寸前の危険な状態といえるだろう。

彼が大統領に就任すれば、日米安保条約をどう維持あるいは廃棄するか、という国の根幹に係わる選択が近未来に迫っていると覚悟しておく必要がある。

仮に、安保廃棄、駐留米軍撤退となって、非武装中立以外の選択をとれば核保有まで突き進む可能性大だ。なぜなら、一旦軍拡に走り出したら歯止めが利かないのが世の習いだから。

せっかく、憲法9条で全ての交戦権を放棄しながら、「自衛隊」なる軍隊を所有したことで歯車が狂った。自衛の軍隊といえども、どこから見ても9条違反だ。

この条文はきわめて重い。国民福利の観点から自衛戦争のみ認められる、などの解釈は大いなる詭弁である。実際、昨日発効した安保法案では、自国で戦争しようが他国でしようが憲法違反に変わりはなく、ただ違反の程度がさらに拡大したものというふうに認識している。こういうふうにでもしないと米国の世論がもたないからだろう。

聡明な安倍首相のことだから、現状に合わせる憲法改定が必要といっているのであろう。

トランプが行方占う国の運

トランプの魔法が冴える選挙戦

米国はカジノに託す大選挙

オカリナが心に描く山と川

f:id:recoca1940:20160330141204j:plain