読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発街道邁進

着々と原発街道への驀進が復帰しつつある。

新聞報道によれば、今度は福井県の高浜原発について。実はこの原発、運転開始40年を越えたいわば老朽機。40年を越えたら廃炉にして、順次原発の数を減らしてゆくという基本的ポリシーが福島事故の反省から設定されているにもかかわらず、規制委員会は運転継続を認める方針らしい。

これではいつまで経っても数は減らない。

結局紙上の安全確認ならいかようにもクリアできる。だからゴー・ストップの判断は秀れて政治判断なのだが、肝心の政府が規制委員会を隠れ蓑にしているようで何とも心もとない。

仮に福島のようになったら責任をとる覚悟があるのか。規制委員会に押し付けて頬かむりするのはみっともないよ。

なぜそんなに危惧するかというと、安全基準策定の基礎データ、例えば地震動についての予測が出来ないと地震学者が言い出しているからである。

恐ろしいことにこんな見出しが躍っている。

f:id:recoca1940:20160421163042j:plain

f:id:recoca1940:20160421163132j:plain

また、事故が起こってから、あれは想定外などといわれてはたまったものではない。

f:id:recoca1940:20160421163332j:plain

今日掲載の朝日川柳から。全くこの通り。

f:id:recoca1940:20160421163623j:plain

では蛇足に小生の駄句も。

地動くとも動かず春の七つ星

地は震え空春塵の放射能