読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合唱団白樺公演

恒例の合唱団白樺公演に足を運んだ。(3月20日)

新宿文化センター大ホール1800人の会場が満席になるので、無料招待券の客はかなり時間の余裕を見て入場しなければならないが、今回もやっぱり3階最後部。でもゆったりと鑑賞できてよかった。

 

今回は開演早々からコサックダンスで度肝を抜く趣向で、お客を楽しませる演出満載。15年くらい聞き続けているが、ひところに比べて格段に4声のバランスが良くなりパワフルになったのを感じる。心境著しいのがバス。ソリスト級も増え、本場のロシア合唱特有の重厚な響きになってきた。

チケットをくれるテノールの友人は70過ぎだが声量といい声の色艶といい、いまだ合唱団を代表する存在。流行歌手で懐メロに出る歌手の多くが声の衰えで聞くに堪えないのと大違いだ。天性の声帯なのか、特別の訓練法でもあるのか聞いてみたい。

 

この合唱団は非常にメッセージ性に富んだ活動が特徴。6年前の震災後は、仙台を拠点に被災地激励公演を精力的にこなしている。福島原発事故チェルノブイリ原発事故を教訓とする「原発の無い世界を願う」のメッセージを底流に秘めたコンサートであった。

それでいて音楽の質は抜群にプロ級であることがすごい。現役社会生活と合唱をどうやって両立させているのかにはいつも驚かされる。

 

今回も日本でほとんど知られていない、ショスタコビッチ編曲という珍しいロシア民謡日本初演10曲は非常に意欲的で印象深かった。しかも全曲合唱団自らの訳詩(露語⇒日本語)。2時間半の公演全て暗譜で通す精力ぶりはすごかった。関東在住の方は、1泊してでも聞きに来られて損の無い合唱団であることを保障する。

f:id:recoca1940:20170325115542j:plain

f:id:recoca1940:20170325115623j:plain

3階の最後部から。このあと瞬く間に満席。

f:id:recoca1940:20170325115657j:plain

とても珍しい民族楽器バラライカバラライカ合奏団との共演もあった。

f:id:recoca1940:20170325115821j:plain

f:id:recoca1940:20170325120114j:plain

f:id:recoca1940:20170325120235j:plain

話が突然変わるが、新宿文化センターと地下鉄東新宿駅間のおしゃれなレストラン街に名古屋飯の店があってびっくりした。ので帰りに味噌うどん定食で身も心も満腹。

・コンサート終えて朧の月仰ぐ

f:id:recoca1940:20170325120603j:plain

ウラジオストックツアーが意外と人気です。

f:id:recoca1940:20170325121445j:plain