暗黙の同調圧力予想通りの展開

今朝の新聞の投書記事に曰く、「88歳の母が暮らす介護付き有料老人ホーム。コロナワクチン接種を終えた家族から面会制限が解かれ、居室で面会できるように・・。」。次のステップを予言するとこうなる。「ワクチン接種を終えたボランティアから活動できます」。かくしてRECOCAは社会活動から締め出される。残念なことだが、しかしそれは私の余生に於いてはすでに織り込み済みだ。八十は過ぎたがまだやりたいことは探せばある。ワクチンで惨敗、惨死はごめん被るから、それゆえに社会参加できないならそれで万事OKだ。せっかく現役引退しているのだから、そのくらいの選択の自由特権を行使しなくて何の後期高齢者と言えようか。

 さて、例えば現在最も主流のワクチンの銘柄はファイザー社のコロナワクチン。これについて、緊急事態なので動物実験を省いて人体に投与を始めたと理解していたが、実はこれ理解不十分だった。ファイザー社においても、米国においても不十分な数ながら動物実験は行われていることを知った。ファイザー社における動物実験については噂程度にしか良く分からない。噂によれば実験後使った猫はすべて2年以内に死んだ。つまり失敗。一方、米国の動物実験は詳細が分かっている。なぜなら米国国会での公聴会で報告されておりその動画も公開されている。それを下記に乗せるのでご覧になってください。日本語訳付き。米国のFDA(食品安全局)が実施した動物実験ではいろんな動物が使われている。たとえば、ネズミ、兎、ハムスター、猿・・。その結果は良くないものだった。いずれも2回接種後重篤な病気になって全て死んでしまっている。それでそれ以上の実験継続を打ちきった。そこから人体実験に移行するという理屈がどうも私には理解できない。

公聴会の動画はこちらで。題名はショッキングだがブログ記事題名なので気にしないで構わず中に入ってください。

打ってはダメ!元ファイザー副社長「コロナワクチンを打つと3年以内に死ぬ」動物実験は全滅だった | 本物の教育~真実はRAPTblogから~ (bread-life777.com)

・次はワクチンで不都合な状態を被ったというツイート集です。一応参考のために。

報告は氷山の一角!コロナワクチン接種後の搬送、副反応、死亡のツイートが多すぎて戦慄!⑤ | 泣いて生まれてきたけれど (ameblo.jp)

素人の解釈で恐縮ですが、私が理解しているコロナワクチンが危険な理由を如何に述べます。

このワクチンの肝は、体内に新型コロナウイルスの一部であるスパイクタンパク(歯車のようなギザギザ部分)を人工的に作らせ、それを当該ウイルスに見立ててその抗体を作らせるという原理です。すごい発想ですが、問題はスパイクタンパク自体が毒性を有する点です。新型コロナウイルスの毒の源がスパイクタンパクだからです。それでも何故問題ないといわれているかというと、この人工作成されたスパイクタンパクは注射部位に留まり、すぐに消滅するからという理屈です。でもこれは実証が十分されたのでしょうか。もし有毒なスパイクタンパクが消滅することなく血液に漏れだして全身を巡ったらどんな病気が発生するか予断を許しません。最近ついに恐れていたことが・・。それが杞憂ではないという実例の論文が出始めました。一番危惧されているのは血液に乗って巡った人工スパイクタンパクが卵巣に定着しやすいというという報告です。ほかにも、脳とか心臓とか・・。すべて杞憂であってほしいですけれど。

中国人の防衛的生活信条は「安全と誰が言おうと、証明される迄は信じない。」だそうです。石橋をたたいても容易に渡らない。私は百%共感します。私の最近の経験でも、親類と電話で話すと必ずワクチン打ったかという話になります。打たないというのも角が立つので様子見しているというと、なぜだ、自分は人にコロナを拡散して迷惑かけないために打ったと当然のように言い、お前の行為は周りに迷惑をかける行為だと言わんばかりの口調で閉口することがあります。公共の福祉のため自己の利益は犠牲にする、学校で教え続けられた社会教育ですがものによります。天邪鬼のRECOCAとしては立ち止まって熟慮すべき思想ですあまりに危険すぎる。

 

プラスチックごみから燃料

日本でこういう研究が行われ実用化が近いということは素晴らしいことです。今日は久しぶりに天邪鬼から離れて前向きの動画を紹介します。ごみの分別廃棄が役に立つ。

youtu.be

東京五輪。空っぽの競技場。空蝉(うつせみ)に見えてきた。歌でいうと「誰もいない海」気分。

空蝉の東京五輪人恋し  

今はもう秋死なないと誓う海  RECOCA

◎RECOCAのオカリナで誰もいない海

youtu.be

youtu.be

♬オカリナCD(7)

7作目のオカリナCDの編集終了し、デモCD作成しました。アルバムタイトルは「希望」です。収録曲は夜明けの歌はじめ23曲です。

①夜明けの歌、②真っ赤な太陽、③虹の彼方に、4冬雪花、⑤まほろば、⑥お江戸日本橋、⑦柴の折り戸、⑧桜坂、⑨与作、⑩津軽海峡冬景色、⑪証城寺の狸囃、⑫千曲川,⑬365日の紙飛行機、⑭メモリー、⑮オリビアを聞きながら、⑯サントアマミー、⑰鳥の歌、⑱G線上のアリアヘンデルサラバンド、⑳クルーガーノメヌエット、㉑花の街、㉒忘れなぐさをあなたに、㉓花

この中から10曲連続演奏編集しましたのでお聞きください。曲順は1,2,3,4,5,14,16,17,13,11です。

youtu.be

米国上院議員の記者会見の模様

前のブログ記事の追伸です。

実際の記者会見の模様。

https://rumble.com/vju6wb-33321323.html

出た画面で、「サイトにアクセス」をクリックしてください。

緊急・驚くべきこと

下記動画参照のこと

内容

米国上院議員の記者会見。

コロナ騒動は計画されたもの。

ワクチン誘導への計画されたもの。

米国は多大な責任がある。

この記者会見は一切報道されずメデイアに無視された。

SNSも動画削除。

      等々

youtu.be

 

♬涙のパヴァーヌ(流れよわが涙)

今朝は1600年ころのイギリスチューダー朝の宮廷音楽世界にお連れします。くそ暑い日本の梅雨明けとコロナを忘れてお楽しみいただければ幸いです。当時の欧州も感染症とは常に背中合わせでしたが、敵はペストですからなんちゃってコロナとは比較にならぬ緊張、そして罹った時の悲壮と諦めは尋常なものではなかったことでしょう。

さて、涙のパヴァーヌは、当時宮廷で流行のリュート歌曲(リュート⇒琵琶の前身。)の名作流れよわが涙をもとに器楽曲に編曲されたものです。リュートの独奏、リコーダーの重奏で爆発的人気を博しました。作曲者はチューダー朝に活躍したイギリスの作曲家でリュートの類まれな名手、ジョン・ダウランドです。なお、パヴァーヌとは宮廷舞踊の一形式でゆったりしたテンポの踊りの曲です。 

では、RECOCAのオカリナで涙のパヴァーヌです。カラオケ作成は加藤いつみ氏。ユーチューブとの相性が悪く、音量が小さいので再生ボリュームを上げるかヘッドホーンで聞いてください。なお、1年前に同曲のオカリナを投稿してありますが不出来なので再演奏したものです。

youtu.be

次に、リュートの演奏で涙のパヴァーヌ。雅なチューダー朝宮廷の雰囲気を偲んでください。

youtu.be

最後にリュート歌曲の形式で、流れよわが涙。この歌をリュートの伴奏で歌うことが貴族市民の間で大流行しました。

youtu.be

 

利他

ある本を見ていたら非常に重要な指摘があった。(私が重要と思っているだけ?それでも本望。なにせ鉄板天邪鬼だから)

エスキリストから直接の教えを受けたとされるユダヤキリスト教徒がいました。この人たちをグノーシス派と呼びます。この一派が書いたキリストの教えがあるとされていたのですが見つからなかった。紀元312年カトリック教会から異端とされ徹底的に排斥されたからです。ところが1945年に死海のほとりから奇跡的に発見されました。この聖書を死海文書と呼びます。この中に重要な記述があります。「神は彼らを自らのうちに見出し、彼らは神を自らのうちに見出したのである。」つまり、人(の魂)は神の一部であり神が宿っているという意味です。この概念は伝統的キリスト教とは相いれないものですが、私はこの神と自己の同一性の方に信を置きます。そして死海文書はその同一性を認識したらそれを行動に移せと説いているそうです。その行動規範は利他的行為。言葉や思想でなく実際の行為で人は計られるということなのでしょう。たとえ宗教的信仰はなくても、落ち込んでいる人を元気づけ、困っている人に手を差し伸べるだけで十分であると思われます。これは現代スピリチュアリズムの根幹そのものです。日本人がお寺や教会、神社に行かないことで信仰のない野蛮人だと西洋人は本心で思っているかもしれませんが、儀式にとらわれて利他的行動をないがしろにしている彼らの方がよほど野蛮人なのです。

こんなくだらないブログをグダグダ書いてる暇があるなら、街に出て人のためになることを一つでもいいからしてこい、とキリスト様に叱られることは重々分かってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今朝の大言壮語はこのくらいにして、現実に目をむけます。

コロナワクチン接種後死者数の評価についてです。ファイザーとモデルナワクチン接種後の報告死者数は556人(2月17日~7月2日)。これの多寡について意見が分かれています。問題ないという人の論拠は、日本の毎日の死者数が3783にいて556人はその中に含まれるから問題ない。本当にこれは正確な評価でしょうか。確かめる有力な手段があります。それはインフルエンザワクチン後の死亡者数との比較です。両者ともワクチン接種法によって、接種後の死亡は因果関係の有無に関わらず届け出義務があります。それによると、2019年度の死者は6名。接種回数を統一して両者を比べると、コロナワクチン後の報告死者数はインフルエンザワクチンの何と110倍になります。つまり110倍危険なワクチンと言えます。他方110倍効き目は強いのでしょうか?

次に日本における死因別死者数を見てみます。

2019年の一年間。がん約38万人、心疾患21万人、肺炎9万5千人、インフルエンザ3571人、不慮の事故6万7千人、餅などのつかえ8千4百人、脳血管疾患11万人、老衰12万人、新型コロナ(2020.5~2021.3)8千6百人

つまり、餅を詰まらせてなくなる頻度と同じです。では、餅の販売を自粛しますか。さらに、交通事故死は年8千人程度です。では車の販売台数を自粛しますか。一方で若年者の自殺数は急激に伸びています。コロナ自粛は関係してないのでしょうか。