徒然草6「人はいつ死ぬか分からない:♬ある日突然

徒然草

5月5日、上賀茂神社の競べ馬に行ったところ、混雑を避けようと木に登って見物している法師がいた。枝につかまりながらこくりこくり。何度も落ちそうになるその姿を、まわりの者たちは嘲り笑った。これを見ておもわず、「私たちだっていつ死ぬか分からないのにそれを見て見物にうつつを抜かしている。あの法師よりずっと愚かではないか」というと、前にいた人々が「確かに」と感心した・・以下略。

現代語訳

徒然草 朝日新聞社出版 上野友愛

「人はいつ死ぬか分からぬ」=「人は突然死ぬ」=「突然何が起こるか分からない」

ということで、これに関連する曲はというと、「ある日突然」なんか如何でしょうか。ただしこの歌の歌詞は「ある日突然愛が始まる」。つまり全くの真逆で、面白いのではないか思いと選択しました。

詞:山上路夫 曲:村井邦彦 歌:トアエモア

ある日突然二人だまるの

あんなにおしゃべりしてたけれど

いつかそんな時が来ると

私にはわかっていたの

あの日じっと見つめあうのよ

二人は互いの瞳の奥を

そこに何があるか知りたくて

お互いを見る

(二)ある日そっと近寄る二人

二人を隔てていた壁を超えるの

そして二人すぐに知るの

探してた愛があるのよ

ある日突然愛し合うのよ

ただの友達がその時分かる

何時か知らず胸の中に育ってた

二人の愛

RECOCAのオカリナで、ある日突然。

www.youtube.com