♬青春の影

「青春」、洋の東西対決です。

西方は前回アップしたカーペンターズの青春の輝き。

そして東方は今回の財津和夫作詞作曲、青春の影です。

1974年の曲にしてはリズムが難しい曲です。特に私のような年寄りには。

年とともにリズム感の衰えを強く感じるようになりました。

ですが、この曲胸にじんと訴えかける曲調です。難しいリズムに拘ってその魅力的な曲想を損なわない演奏が求められます。

さて、皆様方はどちらの曲に惹かれますか。私は断然「影」派です。ということは東洋的な(あるいは日本的、ウエットな)感性の持ち主なのでしょう。一方、「耀き」派は西洋的合理的ドライな感性の持ち主といえます。多分後者の方には演歌は性に合わないのではないでしょうか。

では、RECOCAのオカリナ演奏で青春の影をお送りします。なお、バックの画像のうち前半は友人制作の水彩画です。

www.youtube.com

比較のため青春の輝きを再掲しておきます。

www.youtube.com

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

財津和夫の歌唱

youtu.be

カーペンターズ

youtu.be