読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月虹(げっこう)

●ウサギマンさんの最新記事を見ると、現実を突きつけられて切ない気持ちになります。

・幾筋の涙のあとや秋桜

・危うきは平和の二文字秋桜

●月虹

ネットの記事に月虹が出たとの記事がありました。これを見た人は幸せになるそうです。写真でも多少効果がありそうなので掲載します。

石垣に幸せを招く「月虹」現れる 夜空に輝く大きな虹、石垣島天文台が撮影 /沖縄(みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース

●偽善

コンビニで禅宗のお坊さんが書いた本「自然と心が整う法則」小池龍之介を何となく買ってみた。するといきなりいいことが書いてあった。

「偽善にすぎないとわかっていても、そのなかの数パーセントの善が善の行いになる。」

学生時代のことを思い出しました。当時、国際ワークキャンプという組織に属し、いろんなところへ労働奉仕に行っていたのですが、左翼の友人に悪態をつかれる事が多かったですね。彼らは奉仕は偽善だ、政治、社会を変えなければ解決しないもぐらたたきだ、というような意味のことを言っていたようなきがする。若者の純真な心にはそう見えるのが自然かもしれません。しかし、当時の私はひねくれていたので、左翼の言い分にはもっとうそ臭ささを感じて近寄らなかった。かといって、左翼の言い分に論理的に反論する知恵は当時の自分にはまるっきりなかったので、そういわれるとだまってそっぽを向くしかなかったように思います。

今になって小池師に教えられた気がします。私がやってきたことには、少なくとも0点何がしかのパーセントは意味があったのだと。社会的にも個人的にも。