腸は超重要

腸の役割は何でしょう。栄養を吸収してうんこを製造するだけ?いえいえ、とんでもない。腸なしでは生命維持にすぐ支障をきたすクリティカルな役割を担っているのです。

以下、NHKBS特別番組から抜粋。

1千種類、百兆個。何だと思います?腸内細菌です。ヨーグルトでお馴染みのビフィジス菌は知っていますが、その類の細菌が百兆個も住み着いて、体中にいろんな指令を出しているのだそうです。それが健康維持に欠かせない影響を与えている。

さて最近の研究で分かってきたことで、もう一つの決定的に重要な、命に係わる意外な働きが明らかになりました。腸の持つ神経細胞は1億個。これは脳に次いで多く、脳とは独立に働きます。例えば、ストレスを自覚してないのに下痢や便秘を繰り返す。これは脳はストレスを自覚してないのに、腸自身が独自にストレスを感じて不調をきたしている可能性があります。さらに分かってきたことは、腸は体の免疫力を司るという大仕事をやっていることです。腸壁の絨毛のなかに無数の免疫細胞があることが明らかになりました。全身の免疫細胞の数は2兆個と言われていますが、なんとその7割が腸に存在するのです。何のためにあるか。日々食物に付着して多くの黴菌ウイルスが腸内に入ってきますね。それを入り口で見つけて殺菌するためです。もしこれがなかったら年中食中毒の心配をして無菌室で生活しなくてはならなくなるでしょう。

f:id:recoca1940:20220119105651j:plain

ところで、体中に浮遊している免疫細胞ですが、この細胞は時々暴走するそうです。暴走すると黴菌だけでなく正常な細胞を敵と勘違いして攻撃します。その結果、自己免疫疾患と呼ばれるいろいろな病的症状がでます。花粉症、喘息、アトピーリューマチ等です。もっと深刻な難病(多発性硬化症)もあります。この暴走した免疫細胞を手なずけておとなしくさせ暴走を止めるのも腸が関係していることが分かってきました。ある種類の腸内細菌の発する微細物質です。これが全身にばらまかれ、これを感知した暴走免疫細胞は大人しくなるのだそうです。ある多発性硬化症の患者さんには、暴走を止める腸内細菌の数が少ないことが検査で判明しました。目的の腸内細菌を増殖するような治療法が進められているそうです。

f:id:recoca1940:20220119105913j:plain

f:id:recoca1940:20220119105813j:plain

さて、禅寺で修行をしている雲水の皆さんですが、この方たちは寺の後継者を担う若者一般人ですから、修行に入る前には花粉症、アトピーなどいろんなアレルギー症状があります。ところが雲水になった途端消えてしまうことが多いそうです。いろいろ調べた結果、理由は精進料理らしいということが分かりました。つまり、食物繊維です。

腸内環境について、日本と欧米11か国で比較したところ、食物繊維を食べて免疫力をコントロールする能力は日本人が群を抜いて高いそうです。こういうところもひょっとしたらファクターXに関係するのかもしれませんね。

 

痛い思いをしても感染するようだ。

日本は3度目に脇目も振らず邁進しているようだが、本当に効果があるのか外国の先行例をよく見たほうが良いです。国や新聞TVにはワクチン利権があるのでしょうか、絶対にそのことには触れませんね。先行例とはイスラエルです。国民の8割以上は3回目を打ち終わって4回目に突入しようとしています。では、イスラエルにおける感染者はどうなっているのでしょうか。これは1月12日の数ですが、人口百万人当たりなんと3699人です。日本と比べてみると、日本は百万当たり昨日の数字で約250人/日です。つまり、3回打ち終わっても、感染者は日本より一桁多いのです。

他の国も調べてみましょう。いずれも人口百万人に正規化した1月12日の数字です。オーストラリア:3958人/日、米国:2374、英国:2159、南アフリカ:309。これらの国では7,8割の国民が2回接種済みです。南アフリカを除いていずれも日本の10倍の感染者が依然として出ています。ワクチンをほとんど打ってない国、たとえばタンザニアを見てみると、感染者は殆どゼロです。これらをどう説明すればよいのか。私にわかるのはワクチンと感染者数は関係ないのではないか、という推量ができるだけです。

さらに、3回、4回・・と同じ抗原を打っていくと接種者の体にまずいことが起こるという説があります。それを動物実験で実証した報告が去年の今頃ネットに出ました。

rapt-plusalpha.com

どうも今回のワクチンに関しては、はじめから動物実験の結果は考慮しないという強い信念のもとに全世界が進んでいます。ファイザーのワクチン、皆平気で打っていますが、米国の公的機関での動物実験では全部失敗、つまり動物は全死亡です。あまりに動物が死ぬので実験はやめになったといわれています。世界中のワクチン推進派はそのことには一切触れませんね。7不思議の一つ。

そして、ここにきて公的機関からもブースター接種に警鐘をならす声明が出ました。すなわち、欧州連合の医薬品規制当局は次のように述べたということです。「現時点で4回目の接種を支持するデータはない。ブースター接種を繰り返すと免疫系に悪影響を及ぼす恐れがある。」まさにこれが動物実験の結果です。4回接種でなく、1回でも将来免疫系に異常が出るというのがワクチン懐疑論の説でもあります。

いずれにしろ、推進論も懐疑論も確かなことは何一つ分かっていません。時間がたって、実際に打った人の状態を見ないと確たる正解はないということだと思います。

欧州医薬品庁が警告「頻繁なブースター接種は免疫系に悪影響」は本当か? (msn.com)

 

小春もどきの陽気@東久留米

◎雪国のご苦労には申し訳ないが、山で仕切られた東側は木枯らしが途絶えた一瞬、あたかも小春のごとき陽気を楽しむことができる。昨日はそんな東久留米の一日だった。

・風やんで小春もどきの睦月かな

小春もどきの落合川。春隣り、と言いたいようなウオーキング日和だった。

f:id:recoca1940:20220117083927j:plain

f:id:recoca1940:20220117083954j:plain

f:id:recoca1940:20220117084021j:plain

f:id:recoca1940:20220117084112j:plain

f:id:recoca1940:20220117084522j:plain

シャーロックホームズ

昨日の朝日新聞Be版にシャーロックホームズ物語の愛読読者ランキングについての記事が載っていた。実は私も数ある探偵ものの中で一押しファンなので自然と目に留まった。物語は全編60作品あるそうである。そうするとまだ読んでない、あるいはドラマで見ていない物語がいっぱいあることになる。読者ランキングの結果は次の通り。

f:id:recoca1940:20220115103957j:plain

この中で知ってる作品はいくつありますか。私は全部知っています。というのは、今現在NHKBSプレミアムで41作品が連続放映中だからである。(水曜午後9時)これは英国グラナダTV1984年ドラマ化して放映したもので、最も原作のイメージに忠実と言われているそうである。ホームズはこの方。舞台俳優のジェレミー・ブレット。勿論他の俳優も演じているだろうが、私の中ではホームズというとこの人が定着してしまっている。本来60作品すべてドラマ化する予定だったのに、41作品終了時にブレットさん他界してしまったのでそこで終了となった。

f:id:recoca1940:20220115104650j:plain

ランキングですが、私は断然赤髪連盟を押します。ストーリーと発想の奇抜さがぴか一。それに殺人がない。一方子供の頃読んで猛烈に怖い思いをしたのはバスカービル家の犬。今回のドラマでは残念ながらそこまでの恐怖は描けていないみたいだった。

 さてシャーロックホームズの生みの親(作家)はご存知コナン・ドイルです。彼は作家である以上に熱烈な「心霊主義者」であることをご存じだろうか。心霊主義とは現代でいうスピリチュアリズムとほぼ同義である。つまり霊魂・死後生存在をベースにした今生の生き方を説く教えである。心霊主義を説く講演のために英国はおろかヨーロッパ各地を旅行してわまった。シャーロックホームズは、講演の旅費を稼ぐために60作も書き続けたといわれている。彼はもともと眼科医でもあったので始めは典型的な無神論者だった。それがなぜ心霊主義者になったのか。それには当時19世紀末の英国の社会状況が関係している。当時米国で勃発したスピリチュアリズムの波が英国にも及び、第一級の知識人も巻き込んだ一種の社会問題になっていたのである。こんなくだらないものは全てフェイクであるという強い信念のもとに降霊、霊媒、引き寄せ、などの実験会のインチキを暴く目的で出席したが、すべて不正無しの結論しか得られなかった。当時のノーベル賞科学者はじめ多くの懐疑論者が不正を暴く目的で挑んだが彼らの結論も全てドイルと同じだったのである。これを契機にドイルは深くスピリチュアリズムの研究に傾倒し、その40年に及ぶ研究成果を書物にあらわすことになる。その翻訳が日本語で出版されている。「コナンドイルの心霊学」新潮選書1992年。私も読んでみたが、非常に広く深い内容で、いろいろな問題をあたかもホームズの如く科学的論理的手法で追い求めていく手法が読み取れて興味深かった。特に次の言葉は現代にも通じる警鐘である。「何事もそうであるが、ある一つのことに凝るととかく全体像を見失う。この場合も、あまり物的証拠に拘って現象ばかり追い求めていると、スピリチュアリズム本来の目的、すなわち来世の存在の確信と現世の生活の意義の理解、そして物質の儚さと目に見えない霊的なものの大切さの自覚という肝心なものを忘れてしまう危険性がある。」

コナン・ドイルは他界後、ご丁寧にも生前の彼の理解の修正のため降霊会に長期間出現している。そこで彼が霊媒を通じて語った内容も日本語訳として出版されている。

コナンドイルの人類へのスーパーメッセージ 講談社1994年

f:id:recoca1940:20220115124029j:plain

コナンドイル・生前の研究書

f:id:recoca1940:20220115124159j:plain

ドイル死後霊媒を通して語った書

f:id:recoca1940:20220115124316j:plain

f:id:recoca1940:20220115124342j:plain

 

「骨」:若さ・命の源

私たちの体を支える骨ですが、ただ支えているだけではなくて健康に生きていくうえでもの凄く重要な働きをしているというお話です。(NHKBS番組より)

骨の構造ですが、体を単に支える成分だけではなくて非常に多くの細胞が含まれていて、この細胞がそれぞれメッセージを発しており、そのメッセージが身体の必要な部位に届くことで全身の健康(若さ)を生み出しているということが最新の研究で明らかになって来たそうです。つまり老化防止に決定的役割を果たしているわけです。例えば、骨の細胞から発せられたメッセージが脳に届くと記憶力がアップし、筋肉に届くと疲れにくく機敏に動くパワーを生み出します。さらにメッセージは体の免疫力を高め病気から守ります。逆に言うと、骨からのメッセージが途絶えると、命のスイッチが切られたように老化が加速するのです。つまり、骨が健康である限り、内臓の若さが保たれるのです。

f:id:recoca1940:20220114125527j:plain

 

骨量不足⇒メッセージ物質不足⇒不健康、難病⇒死につながることもある。ここでいう難病とは骨が減り続ける病気です。カナだの若い競輪選手が発病しました。奇病として原因不明とされたがやっと原因が分かり、それは驚くべきものでした。この選手は将来の競輪選手を目指した英才教育を幼児から受け、運動は自転車のみで、歩くということをほとんどしないという非常に偏った運動習慣のもとに育ちました。それが気病の原因だったのです。つまり、歩行による骨への刺激がない状態がダメなのです。自転車こぎは筋肉を鍛えますが、これは座っているのと同じで骨への負荷・刺激はほとんどありません。実は骨の細胞が出すメッセージは骨刺激の量に比例するものであったことが分かったのです。奇病の競輪選手は自転車をやめ、飛び跳ねるなどの運動習慣に替えた結果快方に向かっているそうです。

以上がTV放送の概要です。

これを知って我々はどうすればよいか。じっとしていては老化は増すばかりだから、記憶力や内臓、運動能力を保ちたいなら歩く、走る、飛び跳ねるなどの骨に刺激を加え続けなければならない、ということになります。カルシューム補給して骨の骨格を保持するだけでは総合的な若さ保持には不十分だという結論になると思います。なぜなら、刺激を与えないと骨細胞は全身への有用なメッセージを発信しないからです。ですから、いまこれを座って書いているのですが、同時に片足足踏みを続けていました。