コロナ患者数のカウント方法変更(9月26日より実施)

コロナ患者数のカウントの仕方が26日から簡略化された。医者や保健所は軽症者を省いて報告してよいことになった。報告の手間が減って仕事が楽になるのだそうだ。そのため9月26日から報告されるコロナ患者数は、実数より少ない数になっているはず。我々も数に一喜一憂する必要がないというメリットがある。しかし、コロナ情勢を分析する部署は困るのではないか。たとえば、京大の8割おじさんとか。正確な患者数がないと実効再生産数などの計算ができないのではないかな。そういう負の影響は考慮しているのだろうか。

実は不詳RECOCAもあるいは困るかも。と言ってもたいしたことではないが。行きつけのボランティア先のドアは現在固く閉じているが、開けるか否かの判断は巷の流行の具合、つまり患者数の多寡で判断していると思う。その判断材料ががないとなるといつまでもオープンしてくれないのではないかと恐れている。

さて、コロナ患者数の報告が実数でなく不正確になったことを受けて、朝日新聞は表示の仕方を変え、従来の第一面表示から格下げした。

9月25日:一面右上特等席表示

9月26日から

東京版

さらに、東京版には区市町村別感染者数の図が毎日載っていて、これを見るのが楽しみだったが、東京都は26日からその公表を中止したとのことで、新聞にも出なくなった。残念だ。記念すべき最終掲載の図。(26日)

千代田区すごいでしょう。

◎コロナの病状についてですが、本体は軽くても後遺症は油断ならないようです。この状況はコロナワクチンによる後遺症が深刻で油断ならないのと同じのようです。まさに前門の虎後門の狼状況です。その症例がネットに出ていました。コロナ病後遺症もワクチン後遺症もキーワードは同じです。それは倦怠感。トイレへの移動はおろか、箸の上げ下ろし、歯ブラシ持つのも差しさわりのあるというおよそ尋常とはかけ離れたレベルの倦怠感です。もちろん寝たきり。1年後やや軽快の例もあるが、一生治らないと宣告される例もあるといわれています。オミクロンの場合、無症状、軽症にかかわらず後遺症は一人前と言われているから厄介な問題。今後は後遺症対策の充実にシフトするべきです。

オミクロン後遺症例

「本当は私が介護されたいのに・・・」20代娘のおしめを替える母 急増するオミクロン株“後遺症” 倦怠感の重い現実 | TBS NEWS DIG (1ページ)

ワクチン後遺症例

気の毒なのは原因がワクチンである蓋然性が極めて高いのに国の補償ゼロであること。700万円以上の医療、諸経費全額自己負担が重くのしかかる現状。

コロナワクチンで下半身不随に…医師は「治らない」と宣告 重くのしかかるのは医療費+リフォーム費は700万円以上 | 東海地方のニュース【CBC news】 | CBC web (1ページ) (tbs.co.jp)

さらに悲惨なのは家庭内殺人まで起こる。4人家族の夫がコロナで急死。同時妻子供二人もコロナ。悲観した妻が子供二人道連れを強行未遂。

「ママもう無理。一緒に死のう…」あの病で夫が死亡 わが子刺した母親が語った“絶望” | TBS NEWS DIG (1ページ)

東久留米の名所が消えた

結局金がないんだね~。あるところにはあるんだけど(国葬

東久留米駅西口から西へ大通りが通っている。これができたのは20年くらい前のことだろうか。大八車の似合う狭い農道もどきの行きかう東久留米にしては破格のメインストリートだ。しかもこの先に遠く富士山を望むという稀有のロケーションである。そこでこれを望むテラスを駅に併設して名所にしようと市は考えた。よくある富士見テラスである。そしてこれは大成功だった。なぜかというと、東久留米からは冬至の夕刻、ダイヤモンド富士になるからである。

ダイヤモンド富士東久留米駅富士見テラス

東久留米駅富士見テラスからの富士山の眺望。

駅から西に延びるメインストリートの両側には眺望を邪魔する高層建造物が今のところ無い。本当は条例で規制しておかないとすぐに眺望はだめになるはずであるが、田舎町なのでまだ2022年現在まだ大丈夫である。しかし早く条例作らないと後の祭りにならないとも限らない。なぜやらない。市は名所を本気でキープする意志があるのか疑っていたら、なんと本気ではないことが分かって驚いた。湧水と富士見テラスが売り物双璧のはずなのに大事な一つが欠けることになる。

実は駅に接続されているこのテラス、去年耐震構造になっていないことが分かり閉鎖になった。そして改修工事のはずだったのに、工期と工事費が掛かりすぎるという理由で中止になり撤去ということになってしまったのである。簡単に名所をつぶしてどうする。一方で国葬なんかに浪費しおって。なんぼかまわしてくれ。むしろ旗を立てて一揆を起こしたいくらいだ。

最新市報から

間もなく撤去される富士見テラス



コスモス

コスモス、秋桜、秋の代名詞ですね。

コスモスは英語で「宇宙」という意味でもあります。

秋桜も宇宙のコスモスも語源は同じであることを知り感銘を受けた。(朝日天声人語9月27日)語源は秩序、調和を意味するギリシャ語であるととのこと。群生するコスモスの秩序だった花畑から空一杯の煌めく星々の宇宙を連想。命名したのは古代ギリシャの哲学者、幾何学で知られてもいるピタゴラスだった。夢のある哲学者だったのですね。

うちの畑にやっと花咲いたコスモスの様子です。今年娘とその友人が種まきから育てた。まばらな様子は、あたかも宇宙開闢間もない頃の少ない星々の様子を表しているようです。

さて、秩序の反対は混沌(カオス)です。宇宙は時の経過とともにどうなっていくのか。秩序保ったままなのか混沌に向かうのかとても興味があります。

生命現象は「秩序」です。その証拠に死と同時に肉体はカオスに向かいます。しかし、地球規模で見れば、肉体は分解されて地球の構成要素に還元されるという意味でカオスでなく秩序でもあります。そういう意味で地球の営みは常に秩序だっており、生命の営みと同じであるといえるのではないかと思います。ガイア思想ですね。

 

今年も東久留米文化祭にオカリナで出演します

オミクロンになってから市も大胆になってきた。最盛期の2か月前に開催を決めたのだから。去年も開催されたが、その時は前の波が引っ込んだ時だった。

それで去年も出ましたが今年も出演します。いつもはソロ演奏ですが、今回は趣向を変えてK氏との二重奏でご機嫌を窺います。カラオケ伴奏なしのごまかしの効かない真剣勝負です。理由はカラオケが見つからなかったから。

日時 11月6日 午後4時~4時40分のどこか。一芸会の枠内。

演奏曲目

1.ちいさなぐみの木

ウクライナ民謡。ぐみとはナナカマドのことらしいです。川の両岸のぐみの木と樫の木を女性と男性に見立てて思い通りに実らない恋の心情をうたった美しい曲です。

1.なぜか揺れる細きぐみよ

 かしらうなだれ思い込めて

 かしらうなだれ思い込めて

2.広い川の岸をへだて

 高き樫の木一人立つ

 高き樫の木一人立つ  

  <略>

5.ぐみの心届かざれど 

 永遠の願いはやがて結ばん

演奏例

youtu.be

一応オカリナでもソロ演奏してみました。

https://www.dropbox.com/s/yal1azgygevtivv/%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%90%E3%81%BF%E3%81%AE%E6%9C%A8.mp3?dl=0

2.白百合の咲くころ

これは沖縄の静かで力強い反戦歌です。いわば、ざわわ~と対をなす曲。

作詞作曲 宮沢和史

白百合の咲くこの道は幼い頃君と歩いた大切な道。戦争で再び汚してはならない。

歌詞は次の歌唱でご確認ください。沖縄出身の全盲

テノール歌手新垣勉の歌。

youtu.be

この曲も一応オカリナソロで演奏してみました。こんな感じです。

https://www.dropbox.com/s/qzijvwaxway7scy/%E7%99%BD%E7%99%BE%E5%90%88%EF%BC%88%E3%82%BD%E3%83%AD%EF%BC%89.mp3?dl=0

 

 

 

 

 

 

 

NISA恒久化/中村敦夫氏(朝日朝刊23日から)

◎岸田首相がまた資産形成の投資へのシフトをニューヨークで表明した。その一つとしてNISAの恒久化。岸田さん半年前にはヨーロッパでも同じ話をしている。日本への投資を呼び込む意図。しかしそんなに思惑通りに投資大国経済大国として尚且つ多数の国民が豊かに幸福感を得るようになるだろうか。私には疑問に思える。サラリーマンの資産形成、つまり所得倍増計画を不安定な金融市場に委ねて、安定的な年功賃金や退職金それに公的年金を段階的に削除するものだからである。30年前までのいわゆるグローバル経済に飲み込まれる前の日本は、現在の人間の知恵でできうる限りの理想的な社会主義を実現した国家であると思っている。それが衰退を迎え、さらに今回の金融市場丸投げ政策で、近未来の貧富分断多数貧困化へのロードマップがはっきりした。

さらに、現在日本国民の安心安定感に最も寄与している制度はなんだと思います?私は国民皆医療保険だと思います。世界に冠たるこの制度もうかうかしていると国際資本、特に米国資本の餌食になって米国みたいに金の切れ目が命の切れ目となりかねない民間保健制度に改変されるのではないかと危惧しています。今回の金融市場丸投げ政策の延長線上にそれは容易に予想されるからです。今からしっかり政府の動向を見張っていてください。これには絶対に体を張って断固抵抗すべきです。

中村敦夫

この方は木枯し紋次郎で大当たりの俳優としか思っていなかったのですが大いに誤解でした。俳優はもとより、作家、脚本家、ニュースキャスター、政治家、日本ペンクラブ環境委員長と多刀流の才人。非常に正義感の強い活動家でもあります。1940年生まれ。

RECOCAと同じ年。この年前後の方は元気な偉人が多いような気がする。気のせいかな。特筆すべきは50年前から統一教会を厳しく批判し戦ってこられていること。昨日の新聞のインタビユ記事で知りました。

特に最後の段落に注目してください。統一教会自民党の腐れ縁が如何に日本の魂を売り渡す、日本の指導的政党にあるまじき行為かについての厳しい発言をしています。

安倍氏官房長官時代祝電を送り、最近もビデオメッセージを送っていた。祖父の岸氏以来の選挙マシンとしての実用性があったのでしょう。でもあれほど愛国心を唱えながら、なぜ日本で社会問題を起こす集団とつながり続けたのか。指導者としての政治理念はあったのか。安倍氏を忖度してきた集団が右往左往している。政治家が劣化し、日本が劣化しています。」

RECOCAはこれに加えて、彼らの愛国心は本物だったのかと問いたいと思う。

余談ですが、霊界の高級霊から人類に届けられた膨大な量の箴言があります。

以下は、そのうちの宗教についての一節です。これを読むと、金銭が絡む宗教はみな偽宗教であるということができます。これが宗教の真偽を見分けるひとつの大きな視点です。中高時代にこのことを子供たちに教えておけば少なくとも統一教会にからめとられることはなかったかもしれません。

・・・・・・・・・・・・

「他の人に奉仕する事より

優れた宗教はありません。

奉仕こそ霊にとっての金銭です。

奉仕することは気高いことです。」

miyoshi71.hatenablog.com

ロシア人気歌手の反戦宣言

日本でも知られている百万本のバラを歌って世界にこの歌を広めた元ソ連の歌手がいます。この方はアーラ・ブガチョワさんといいますが、今はロシアの人気歌手として73歳、まだご存命だそうです。彼女は夫とともにロシアのウクライナ侵攻後イスラエルへ出国。そしてこのほど、ウクライナ侵攻に関して反戦の立場を明らかにしたそうです。(21日朝日新聞

百万本のバラはもとはラトビアの歌謡曲です。1981年にラトビア放送局主催のコンテストで優勝した曲。その後ソ連の歌手ブガチョワの歌で世界に広まりました。歌詞の内容はグルジア(現在のジョージア)の画家のロマンスと悲恋の実話をもとにしています。が、実話は?であるという説もあります。

ブガチョワの歌唱は歌詞の内容を反映してとても趣深いものがあります。下記のリンクでご視聴ください。

今朝(22日)の朝日川柳から。

「百万本のバラ」反戦の歌となり 平松健

プーチンに百万本のバラの棘 井村晃 

www.youtube.com

以前RECOCAもオカリナで演奏していますので、よろしければ再度どうぞご視聴ください。

www.youtube.com