オカリナを初めるときの楽器選び

初心者向けのとてもいい動画を見つけました。

初めての方の楽器選びの参考になります。プロの視点でのオカリナ経験者向けの楽器選びについては、Ocarinaという専門誌で見たことがありますが、この動画は初めてオカリナをやろうという人の視点から見た貴重な動画です。

それについて私もコメントを少々。

まずオカリナの材質としては、①プラスティックと②陶器があります。本格的にやる場合は②です。しかし、陶器オカリナはメーカーや工房によって非常に個性が強く、その上同じメーカーや工房でも一個一個の個性がまるで違うので、個人にとっての当たり外れが大きくあります。それを判定するには自分で吹く以外にないのです。ところが購入前の試し吹きをさせてくれる楽器店がほとんど皆無なのです。私の知っている唯一の例外は東京銀座の山野楽器とヤマハです。ところが多くの人がそんな遠方まで行けるとは限りません。そういう場合手段は二通りあります。

その一:プラスティックオカリナを買う

勿論音質性能は陶器に劣ります。しかし最近のプラスチックオカリナはなかなかのもので、3000円という値段を考えればむしろ上々で、更にメリットは質が安定していて同じメーカーなら当たりはずれが少ないのです。ですから通販で買ってもOKでしょう。私が買って試したメーカーのプラスチック楽器は2種類、ナイトオカリナとオオサワオカリナです。プラスチックの二大オカリナといっていいでしょう。ネットの評判は前者が良いですが、私の感触は断然後者選択です。この結論は動画と同じでした。

次の動画はプラスチックオオサワオカリナの演奏音です。(RECOCAの演奏)最高音はミ♭までです。いかがですか。結構いけるでしょう。(ただし、第一コーラスのみプラスチック。少しかすれますがそれが味になります。第2コーラスはプラスチックリコーダー)

youtu.be

その二:ダメもとで陶器の楽器を何個か買う

試し吹きができないことを前提とした場合ですが、ダメもとで何個か買う以外にないです。そのうちに自分に合ったのが見つかるという信念をもって買う。なぜ可能かというと陶器であってもせいぜい1~2万円もだせばいい楽器が買えるからです。モダン吹奏楽器、例えばフルートなどと比べたら桁違いに安いです。木製リコーダーだって10万円は出さないとちゃんとしたのは入手できません。それに比べればおもちゃのようなもの。それで魅力的な音が出るのだから私たち貧乏人には手放せない楽器です。

銀座山野楽器では毎年全国の工房が出品販売するオカリナフェアをやりますので、その時買いに行くのがお勧めです。勿論、予約すれば試し吹きの個室が用意されます。

一昨年行った楽器フェア

その時購入したオカリナ。2万5千円位。個室へいくつかの楽器を持ってきてもらい、試し吹き1時間以上粘って購入しました。これはヒグラシオカリナというちょっとしたブランド品です。ところで、気に入ったのがなかったといえば、個室予約でも購入義務はありません。さすが、そこらへんが銀座楽器店の鷹揚なところ。

初心者のオカリナ選び動画

www.youtube.com

2月6日の雑談(食べ物の話)

最高気温予想14度。早朝の風は晴れてても冷たい。今朝の梅古木。

・紅梅やいまだ頬刺す風の朝

・天空や彼方に富士の雪化粧

◎先日紹介したラーメン研究所のインスタントラーメン。本当に美味しかった。とてもインスタントとは思えない深みのある味。3個パップで1000円という高価なだけのことはある。

◎デザイナーズフードとニンニクの威力

1990年、米国がん研究所は膨大な疫学調査に基づき、がん予防効果のある野菜果物を纏めている。これらはデザイナーズフードと呼ばれている。効果が期待できる順に並べたものをデザイナーズフードピラミッドと呼んでいる。その中でトップに位置するのはニンニクである。ニンニク、キャベツ、ニンジン、玉ねぎで思いつくのは・・野菜炒め。それに大豆製品の豆腐、ヨーグルトに黄粉とはちみつ。これらを毎日食していれば癌フリー生活保障されるかも?

ところでニンニク生産国トップはどこでしょう。これまた中国です。

世界生産量年間3000万のうち何と2000万トンが中国でダントツ。二位はインドの290万トン。日本は。2万トンで38位。中国産がダントツ安いのは分かりますね。これで安全性が担保されれば言うことなしだが、天は二物を与えず。ガンを防ぐつもりで中国産ニンニクをせっせと食したら、・・⇒別の原因でがんになったなんて漫画みたいなことにならぬようご用心。

◎朝に因んだ曲。

RECOCAのオカリナで夜明けのスキャット(3年前の録音)

www.youtube.com

◎RECOCAのリコーダーで旅人よ(3年前の録音)

コンドルは飛んでいく

南米ペルーを中心とする民族音楽フォルクローレの代表曲がコンドルは飛んでいくです。日本でも有名で多くの人に親しまれています。この曲の一番の特徴はアレンジの多様なことだと思います。演奏者の数だけアレンジがあり、それぞれがものすごく特徴的なこと。ときにはよく聞かないとしばらくコンドルとは分からない派手な装飾的アレンジの演奏もあります。それがこの曲の演奏の醍醐味であり聞く楽しみでもあるわけです。今朝は何となくコンドルを聞いてみたくなったので、いろんな楽器と演奏者のコンドルを集めてみました。

・序の口は不詳私めのオカリナのコンドル。4年前の録音です。

youtu.be

ケーナという縦笛を中心とするフォルクローレグループのコンドル

複雑で華やかな装飾を散りばめたコンドルです。曲はフォルクローレの伝統にしたがい第1部がゆったりした行進曲風、第2部が華やかな踊りと曲の2部構成です。それにしてもこのグループはとても個性的なコンドルです。

www.youtube.com

・さらに異なるアレンジのコンドル。今度の主役はケーナとともに南米フォルクローレでおなじみのサンポーニャというパンフルートの一種の吹奏楽器です演奏は非常に難しいらしいです。会場はフランスにける大道演奏のようです。後半の舞曲ではお客さんが踊ってますね。

www.youtube.com

・オカリナの名手宗次郎のコンドル。オカリナの魅力が余すことなく披露されています。宗次郎さんのオカリナの右手を見てください。高音部で右手薬指と小指で挟んでいますね。この持ち方は楽器を安定させるにはベストなんですがすごく難しい持ち方です。最近の奏者でこの運指をする人はあまりいないようです。私もこの運指はしていません。

www.youtube.com

・リコーダーのコンドル

ひとり6重奏とは器用なことをやっている。最初に吹いているのはバスリコーダーです。

 

www.youtube.com

・最後に、この曲が世界に広まった演奏。サイモンとガーファンクルの演奏(歌)です。

www.youtube.com

今朝(2月3日)の雑談

◎電力料金3割値上げがいよいよ始動になるようです。現在厳冬期。我が家の暖房、リビングはガスファンヒーターなので、ガス料金は既に倍になったような請求が来ています。4月以降これに電気料金が追い打ちしてくるでしょう。エデンなどの小規模な食べ物屋さんは提供する料理の値上げなしにはやっていけないでしょうね。

庶民はどうすればよいか。今でも夏場の酷暑の時ショッピングモールや図書館へ避暑に行ってる人多いでしょうね。勿論軽井沢に避暑できる人は最高ですけど、この際そういう高級国民の階級は問題外として、国としてもほってはおけないとして対策に乗り出しました。というのは近年十分なエアコンなしの熱中症死亡者が急増しているからです。そこで、現行の熱中症警報に最高ランクを付け加え

、その警報発令時には自治体庁舎、図書館、公民館、民間商業施設など冷房の備わった施設を庶民の休憩所として解放するのです。但し来年の夏からです。それでその間は自宅の電気料金を気にせず冷房で熱中症予防ができる仕掛けです。

余談ですがなぜアラートなどと横文字を使うのでしょう。警報という立派な日本語があるのに。「警戒警報」というと年配者は戦中のB29警戒警報を連想するから、アラートと言い換えているのかもしれないですね。警戒警報発令!懐かしいです。

◎またまた変な横文字造語「スシテック東京」

これノーヒントで意味を想像正解出来た方、大天才です。

テックの語源はテクノロジー。これは容易だとして、問題はスシです。素直に思いつくのは「寿司」。寿司に代表される日本料理と職人技術を発展させる東京??

寿司への連想は正解です。

スシテック東京のその心は⇒「東京で未来を握る。それがスシテック東京のメッセージです。」

分かりましたか。東京で未来を(寿司を握るように)握るのだそうです。これだけだとくだらないこじつけに聞こえますが、もう一つ意味が込められています。

それはSustainable High City Technologyの頭文字をとったもじりです。

つまり、持続可能なハイテク都市東京を寿司職人のように生み出し、世界に発信する。

私には、どっかの広告会社の若手が考えそうなキャッチコピーに見えました。

日本ラーメン科学研究所

寿司の次はラーメン。2月3日東久留米にオープンです。日本~研究所ですからどんな大々的な研究をするのかと思ったら、単にインスタント生ラーメンの販売所。ネーミングで脅かそうという魂胆。だだしちょっとした工夫はあります。

雑談

◎今の厳冬期、東久留米から富士山は高尚なカメラでこのように撮れます。但しプロの写真家ですが。

◎最近の新型コロナ感染者数の推移のグラフは次のようになっています。(NHKによる集計)

左端は2022年12月3日、右端は2023年1月31日です。

このグラフで見ると最大値は1月7日の山なりの形で減少しています。

この形は見覚えがあります。去年の秋、第8波が始まるころAI(人工知能)に8波の感染者数の推移を予測させたグラフです。ピークは1月中旬から2月初めという予測だったと思います。今のところ当たっていますね~。

ついでに死者数の推移を示すグラフはこんな形です。

死者数の最大値は、感染者数の最大値より1週間後に来ていますが、グラフの形は同じです。

このグラフの数字から致死率を計算してみると、1月20以降に従来の2~3倍になっています。しかし、感染者数の全数把握をやってないので誤差の範囲かもしれません。一応計算結果だけ示しておきます。

 11月14日=0.34%、11月19日=0.12、11月22日=0.16、12月8日=0.22、12月15日=0.2、12月23日=0.2、1月5日=0.27、1月16日=0.22、1月20日=0.41、1月26日=0.60、

1月31日=0.46%

◎作家五木寛之さんのエッセイに、羨ましい死に方をした人の実例を集めたのがあります。

これ最高ですね。

   ⇓

「癌にかかったお婆さん。病院へ行くことを拒否して死ぬ直前まで家の中で立ち働いていた。そして死ぬ3日ほど前に家族が集まってきて、3日後にそれじゃねと言って死んだ。それまでその人の身の処し方を家族や周りの人が見ていたから、立派な死に方だった、素敵だねーと拍手で送られた。」

♬シェルブールの雨傘

映画シェルブールの雨傘の中のメインの音楽です。

この映画、私は知らないのですが、非常にユニークな映画らしいですね。ウイキペディアによるとセリフがなく音楽だけで構成されている。本当ですか?

シェルブールというのはフランスの田舎町の名前。この町の傘屋の娘(息子?)が主人公。分かれて何年か後に相手の家族と再会して彼らがハッピーであることに安堵して終わる。もちろん自分の家族もハッピーというところが粋です。

このオカリナ録音ですが、前回のごとくスマホを試したのですがどうもうまくいかないので、従来の方式ICレコーダーTASUCAMによる録音にしました。なので音量が不十分と思われるので視聴の折にはボリュームを上げてお聞きください。

RECOCAのオカリナで。

youtu.be

オリジナルで。

オカリナでこういう風には表現できない。オカリナという楽器の限界。オカリナ演奏能力の不足?

www.bing.com