その他

誇大妄想

私の愛読書に下記のような文明批評があります。小学生が理解できる日本語で本質を言い当てている。難しい言葉であえて難しく論述する人は、本当は頭の悪い人であるということが良く分かる一節です。下記の文節の言ってることを一言で言えば、現代文明は精神…

「がんが自然に治る生き方」という本

コロナも大変ですが、3大疾患の王様のがんの大変さが減ったわけではないですね。 がんと診断されるといわゆる標準治療の手術、抗癌剤、放射線をうけるのが普通ですが、それを一切受けないでがんが自然消滅する事例があるそうです。そういった事例の1000本以…

「世界で一番貧しい大統領」映画タイトル

都内月2回発行のローカル新聞「定年時代」に載っていた「映画世界で一番貧しい大統領」上映の広告です。 ウルグアイの大統領。裕福なトランプ、習近平、安部さん等と経済的に対極の状況に甘んじ、自身の収入の大部分を国民の貧しい層に寄付する大統領の話と…

徒然草⑦/♬庭の千草(またの名を、夏の名残のバラ)/コロナ肺炎

徒然草139段 こんな庭が欲しい 現代語訳引用 絵巻で見る読む徒然草 朝日新聞出版 76ページ 「庭に植えておきたい木といえば、まず松と桜だ。そして梅。柳も面白い。若楓の新緑は、どんな花や紅葉にもまさって美しいものである。橘や桂は大きな古木がよい。草…

徒然草②

徒然草が語っているのは人生の無常感だけではないことが素晴らしいと思って読み直している。 例えば第85段は、学ぶとは真似ることだという真理を独特の比喩で教えてくれている。この中では、意味が分からなくてもいいから、まず形を真似なさいと言っている。…

お正月のファンタジー⇒火星にうごめくものの動画紹介

お早うございます。 お正月お屠蘇気分歩吹っ飛ばす何か奇抜なものはないかと思ってネットを徘徊していたら、ありました。といっても、それがどうしたとおっしゃる方もおられると思うので結果どうだかわかりませんが話のタネに動画をご覧になってください。 …

軍隊のない国家

コスタリカが有名ですよね。実は軍隊のない国はコスタリカだけではなく世界に27か国もあり、決して稀な存在ではないということを知ってびっくりしました。しかもその数は増える傾向にあるということで心強く思いました。⇒「軍隊のない国家」前田朗・日本評…

宣伝

①口と足で書く絵とカレンダー 早くもまたこの季節が来た。 事故や病気で両手が不自由な人が口と足で書く絵とカレンダーです。買ってあげてください。発売元はネットから見ることができます。 ②珍しいファゴットソロコンサートのお知らせ(無料) ③東久留米の…

外国人をも感動させる日本の童謡唱歌

近年童謡唱歌は学校教育からすっかり消えてしまっています。この前、老人施設ボランティア先に職場見学に来ている数人の中学生に聞いて驚きましたね。ふるさとも赤とんぼも知らないというのです。この子たちが老境になったとき想い出の便とする歌は何なんで…

「静かなる夜明け」竹内てるよ詩文集 月曜社

ここ数回にわたって紹介している竹内てるよの詩。RECOCAが特に気に入っている数編を抜粋して終わりにします。御自身の若き日の貧窮をとても美しくそして力強く歌い上げた作品として第一級品だと思っています。それではしばし、竹内てるよワールドに浸って下…

熱帯低気圧

一昨日20号は東にそれる予想であったが結構近づいてきた。今午前8時。風雨が結構強い。こういう時はどう過ごすか。19号の時はこれ幸いと大音量のカラオケ伴奏をかけてオカリナを鳴らした。 もう一つの過ごし方は?じっと雨音風音を聞いて瞑想に浸ることであ…

秋だ

と思って多少オセンチになりかけたら、また台風の襲来で現実に引き戻される。 二つとも東にそれる? 東海上にそれるとのご託宣でほっと一息、再び深い秋を五感で感じるとしますか。 柄にもなく秋の詩なんですが、昔からこの詩に惹かれるんです。言ってること…

ある外国(仏)のリタイアメント人生

お早うございます。私自身退職してから16年いわゆる悠々自適生活に浸っています。 今回のお話はある仏人夫婦の退職後の生活についてです。直近日曜に放映のNHKスペシャルからです。それがあまりにも日本にない環境と生活感情だったので、感銘をもって見入っ…

本当の雑記事

●ゆりかごの歌口ずさむ八十の秋 俳句からは遠ざかってしまった。毎回の知多半島の句会への投稿もやめている。新聞雑誌の句が自分にはどうしていい句なのかわからないことが増えて来たのでやめてしまった。本当はそんな外のことに拘らずに自分の感じたことを…

9月4日出題の「似たもの日本語」の著者回答とRECOCAの注

〇今朝の読売新聞コラムに、「貧乏だと何事につけ真剣である。」という意味のことが書かれていた。実感としてこれは本当である。昔、定期的に給料が入っていたころは、自分の携行する財布の中身を気にしなかったし知らなかった。ところが今や百円玉が貴重な…

「が、と は」究極の似たもの単語

昨日の回答ですが、著者の回答に承服できない点があるので延期します。 かわりに「がとは」。 これは究極の似たもの単語であり、使い方を文法的にこじつけて人に説明するのがもっとも難しい事柄だと思います。以下はネットを検索して得た私見です。実は40年…

似たもの単語の回答例

その前に昨日の俳句の続き。 ・断捨離の電線地下へ秋高し ・すっきりと街の稜線秋高し ・・・・・・・・・・・・・ ①誘いと勧めの違い 両方ともある行動をするように人に働きかけること。 誘い⇒犯罪グループへ誘う、勉強会へ誘う、のようによいことにも悪い…

ゴビ砂漠のSL画像

砂漠を疾駆するSL、なんかロマンティックだと思いません? 先日NHKの回顧番組で1980年放映のシルクロードをやっていましたがその中にゴビ砂漠を走るSLの動画が出てきたので切り取ってみました。やっぱり動画でないと迫力が半減しますが、その一端でも静止画…

雑(2)

●暑いんでどうでもよいこと ダイソーの百均で買った猫と犬の写真とそれに添えられた、誰かのためになるかもしれない言葉。ダイソーは時々面白い企画をする。以下のような写真集。書くことがないのでしばらくの間これが続きます。 笑わないと浪費した一日? …

いろいろ

〇回顧 今年の初め頃、オカリナ演奏のユーチューブアップは中締めにすると宣言したのにしつこく頻繁にアップしている。とてもなか締めとは言えなかった。それで数えてみたら今日現在141曲になっていた。多分まだ続くと思う。 つい先日俳句もやめたと宣言した…

続・雨々・・

〇雨が続いて涼しくて結構なのだが、どうやらちょっと風邪気味のようだ。なぜ分かるかというと、耳が痛くなるからである。これは子供の頃からの体質で、なぜ頭でなく喉でなく耳なのか理由はわからない。 一週間前から胃もやや不調だった。胃が不調になると、…

癒しの音色オカリナを追求する記事

雑誌「Ocarina Vol.10」に載った記事です。 まず、オカリナ特有の温かい感じの音色は空気の通ってくる管の材質が関係していることが考えられます。木管楽器のくぐもった穏やかな音と金管楽器のシャープな音色を比べてみればわかると思います。オカリナはこれ…

機関紙へ投稿文

施設発行の機関紙へ投稿し採用掲載されたページです。 今朝のオカリナは、一カ月前にアップした島原の子守唄、再度よろしくご視聴下さい。 youtu.be

POPな楽器オカリナ、それを支えるPOPな雑誌「Ocarina」

オカリナというと浮かぶのは、まず原始的な楽器、POPなイメージ、癒しの音色、そして価格が安い。 原始的。 閉じた壺に指孔をあけただけの、これ以上ない単純な構造である。ただし、発音構造はきちんと工夫されされているので、ただ息を吹き込めば音が出る。…