読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名月

きのうは中秋の名月だったのですね。夜中になってから気がつきました。しかし、当分お月様は雲の中のようですので、俳句でお月様のご機嫌を窺います。

・残業を終えて一息月冴える

・草も木も名月仰ぐ淨夜かな

・疎らなる父母なき村の盆の月

・名月やギター抱えて夜もすがら

・しみじみとして老いらくの昼寝かな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きのう、神さんが図書館で奇怪な本を借りてきた。

奇想天外発明百科 徳間書店

古今の大小奇想天外な発明がのっている。最初のページのが特に気に入った。

・犬の耳宛(1980年 米国)犬のたれ耳に付ける筒型の耳カバー。耳がエサに入るのを防ぐ。

・切手なめ機(1981年 米国)ボタンを押すと濡れた舌が飛び出す。

・中でも私が感嘆したのは、おなら吸収パッド(2001年、米国)あまりに感動したので絵をつけておきます。

尚、全て特許が成立しています。

f:id:recoca1940:20160916090744j:plain

こういうのを扱う弁理士さんは楽しいでしょうね。