癒しの音色オカリナを追求する記事

雑誌「Ocarina Vol.10」に載った記事です。

f:id:recoca1940:20190626185204j:plain

まず、オカリナ特有の温かい感じの音色は空気の通ってくる管の材質が関係していることが考えられます。木管楽器のくぐもった穏やかな音と金管楽器のシャープな音色を比べてみればわかると思います。オカリナはこれら両者と異なり土であることがより優しい音色を醸し出しているのでしょう。波形の上では何か特徴がみられるのでしょうか。オカリナの波形分析をするとこんな波形だそうです

f:id:recoca1940:20190626190205j:plain

とても純粋なサイン(サイン・コサイン・タンジェントのサインです)の形をしているのが特徴です。

それに比べて他の楽器、例えばフルート、ヴァイオリンの波形は下図B、Cに示される通りです。

f:id:recoca1940:20190626190724j:plain

Bのフルート:サインカーブにわずかなひずみがあります。スペクトル図をみるとメインの440ヘルツ以外に音量は小さいですが他の周波数の波形が混ざっていることを示しています。

Cのヴァイオリン:さらに複雑な波形になっています。スペクトル分布を見るとさらに多くの周波数の波が混じっています。

ちなみに同図のAは純音、すなわち音叉の音の波形です。

これらのことから、オカリナは音叉の音、純音に近いということができます。これがオカリナの音の特性です。

音叉とオカリナの波形は純音で同じ形をしている。しかし、音叉の音が人を感動させることはないのにオカリナはなぜできるのか。上記記事の著者三牧先生の説によると、それはオカリナの音は土の管を通った音だからということになります。

オカリナが他の楽器に比べて人の心により深く届く理由はやはり波形のシンプルさにあるようです。これも三牧説ですが、波形がシンプルだから、聴覚神経を通して大脳皮質の聴覚野というところに到達しやすいということが推察されます。だからオカリナは人の心にダイレクトに響くということではないでしょうか。

ここからは私の考えです。

オカリナの吹き方についてですが、私の過去のユーチューブを視聴してくださっている方はすでにお気づきと思いますが、わたしはビブラートをほとんどかけません。かけませんというか、かけられないのです。これは私の40年のリコーダー歴で徹底的に叩き込まれたノンビブラート奏法の残骸なのです。これまでビブラート奏法ができないことにやや劣等感を持っていましたが、シンプルな波形の今回の記事を見てそれが解消したような気がしました。というのは、シンプルな波形の特徴を最大限生かすなら絶対ノンビブラートが有利と思うからです。ここぞという箇所でのみの最小限のビブラートに留める、これが一番良い奏法だと思いました。

ここで再掲するのは半年前にアップした、RECOCAによるオカリナで川の流れのようにです。お聞きになって分かるようにノンビブラートに徹しています。一方ひばりさんの歌唱はビブラートの名手。ひばりさんの歌唱を聞きなれた方にはRECOCAのオカリナの川の流れ~にはに違和感を感じるかも知れません。あるいはそれを逆に新鮮な感じに受け取っていただければ嬉しいです。出だしの箇所はちょっと音程不安定ですが・・。

youtu.be

♬ラヴイズオーバー

今朝の伊豆の地震、隣町の小平は震度3となっているが、東久留米ではドーンという感じで数秒後ちょっと揺れた程度だった。地盤の違いだろうか。伊豆のこの辺りは大地震近しと前から言われているところなのでしばらく注意が必要だ。

西日本はまだ梅雨入りしてない?東京は毎日雨、雨々々・・。毎日カンカン照りよりはよいが。

さて、今日の曲は、ラヴイズオーバー。

この曲は一週間前まで全く知りませんでしたので、ここではRECOCAのにわか勉強の成果をご披露する形になります。

原曲を歌ったのは欧陽非非という歌手です。ユーチューブを見ていたら、その後ひばりさんがカバーしていました。ということは、この曲は名曲の保証付きと同じ。比べると、元歌手よりひばりさんの演奏のほうがずっと情緒があって素晴らしいと私は思いました。しかし、これは日本人特有のウエットな感性のせいかもしれません。皆様はどう感じますか。両方並べておきますので聞き比べてみてください。

ところでひばりさんは、没後30年だそうです。年が経つほどにひばりさんのすごさを感じます。そのすごさの極め付き画像を発見したので紹介します。それは初めてオペラのアリアに挑戦された画像。天才ぶりがいかんなく発揮されていると思います。

①RECOCAのオカリナでラヴイズオーバー

なおバックの画像後半の花は居候の光さんのブログから借用しています。

youtu.be

②欧陽非非

youtu.be

③ひばりさん

youtu.be

③ひばりオペラのアリアを歌う

youtu.be

オペラ歌手による歌はこんな感じですが。

youtu.be

 

血圧

今朝、東久留米市のスポンサーで実施する検診に行ってきた。検診場所はかかりつけのクリニック。費用は500円。(ただし、胸部レントゲン、大腸・便潜血検査は追加各500円だが、RECOCAは受けない。)受診は面倒だが受けないとなにかとうるさいので毎年今頃受診している。それと今回はぜひとも効果の有無を見たかったことがあるので。

それは一か月前のNHKTV「ガッテン」で放送された血圧降下法である。薬以外ではこれが最も効果あるとのアナウンスが注意を引いた。それはタオルを下記の如く握るだけ。時間は適当。

f:id:recoca1940:20190622110759j:plain

お医者による紹介なので、単なる民間療法ではなさそうだが、どのくらい本当だろうか試してみたくなり、それから今日まで一か月毎日試してみた。そして今朝の検診。結論⇒個人的には効果あり。事前の深呼吸も何もしなくて、128-63。一方、昨年までの10年間は、130後半から140台。それも一発目ではだめで、相当深呼吸繰り返してからの数値であった。この(128-63)がいいか悪いか知らないが、タオル握り法で一か月で5~10くらい低下させる効果がみられたという個人的エピソードとして紹介しておきます。ただし、万人に有効かどうかはわかりません。健康本や雑誌によるとあまり低いのはガンや認知症のリスクが増大して良くないし、高いのは心臓、血管疾患のリスクを高める。しかし逆にガンや認知症のリスクは減る。だから結局血圧の数値なんか極端な高低でなければどうでもよいのだ。

・・・・・・・・・・・・・・

東久留米の北の隣接地に埼玉県新座市というところがある。ここは東久留米以上に畑など空き地があり、ぼーっと眺めているだけで癒される。例えば下の写真は自宅から車で20分くらい北上して新座市に入ったところ。

f:id:recoca1940:20190622112952j:plain

f:id:recoca1940:20190622113024j:plain

〇だいぶ前にアップした曲、くすのきの下で(RECOCAによるオカリナ)

この曲はオカリナのためのオリジナル曲。バックの画像は自宅から半径数kmの実写です。

youtu.be

 

警官の驚くべき詐欺

おととい運転免許証をもらいに警察署へ行ったので警察の残像が残っているところへこういう記事を見たので余計インパクトが強烈だった。

今朝の朝日・天声人語をシェアしたいと思います。こういうコラムを執筆する人はすごい物知りであることに改めて感心した。現代の警官の特殊詐欺を論じるのに、まず実際に昔あった説教強盗のことを思い出して枕に持ってくるなどは並みの技量ではないと思った。それはさておき読んでみてください。

f:id:recoca1940:20190620082047j:plain

警官が家族構成を聞きに各家庭を回る習慣が東久留米にも以前あった。おれおれ詐欺が頻発し始めてからは見かけなくなったが、本当に来られたら、少なくとも自分は対応に困る。本物の警官か分からないからである。手帳見たってわかるはずがない。

きのうTVの’がってん’留守電の効用について説かれていたが、上の警官詐欺なんか出回ると留守電どころの騒ぎではない。

・・・・・・・・・・・・・・

今朝は、だいぶ前にアップした、見上げてごらん夜の星を再掲するのでご視聴ください。個人的にはなかなか上出来と思っているのですが再生回数が思わしくないのでよろしく。どの点が上出来と思っているかというと、テンポ(速度)にすごい揺れのあるカラオケの演奏にほとんどぴったりついていけたからです。10回くらいトライしてこの録音の回のみ奇跡的に成功した印象深い1曲である。

youtu.be

運転免許証更新

運転免許証の更新に石神井警察署へ出向き、これから3年間有効の免許証を取得してきた。

顧みれば長い長い道のりのプロジェクトだった。発端はまず認知症検査受講の通知を一月に受領した時から始まる。なぜ半年も前に通知が来るかというと検査の受講者数が多すぎて予約が取りにくいからである。自分の場合も今回通知のはがきが来てすぐ予約を取ろうとしたのだが、とれたのは五月二日だった。これだけラグタイムがあるといいことがある。それは「お受験勉強」。実は参考書というものが出版されているのである。実に65年ぶりの受験勉強だった。まぁ二、三日もあれば足りる内容ではあるが。おかげで殆ど満点の成績でパス。受験料は750円。成績優秀であるとなにか特典があるかと期待したのだが何もなかった。「優良」区分で5年に延長してくれるかと思ったのだが・・。

次に控えているのが座業と実地の運転講習。2時間しっかり講習させられる。この講習料金5100円。個人的予測であるが、近々この運転講習は講習でなく検査・試験になるだろう。この段階で不適格者は排除しておいたほうが良い。認知症検査を含め高齢者講習は便宜のため各地の自動車教習所が請け負っている。少子化で教習者が減少の折から、この高齢者向け事業は教習所にとって干天の慈雨、棚から牡丹餅だっただろう。

我々はこれだけの時間と金銭5850円をすでに投下しているので、今日の免許証更新事務はあっという間に終わった。(15分くらい)高齢者でない一般人はこの場で1時間の座業講習がある。更新事務の費用も一般人より500円安かった。

免許証に貼る写真であるが、更新事務所がその場で一定の基準できれいに仕上げてくれる。なので、前回3年前の写真を見比べれば、どこがどのように変化(つまり老け込んだか)子細に観察できる。今回これをやってみたが、驚くべきことにほとんど変化なかった。これは重大な発見で、(5850+2500)円と半年の時間を投下するに足る大発見であった。しいて言えば、瞼が3年前より心持垂れ下がって目が細くなっているくらいだ。これからは目を吊り上げて生活するか、しんどくなったらセロテープで釣りあげておこうと思う。

さて、予測よりあまりに早く終わってしまったので、近くの都立石神井公園を散策した。豊かな緑に囲まれた細長い瓢箪型の池が特徴の有名な公園である。

f:id:recoca1940:20190618180948j:plain

f:id:recoca1940:20190618181118j:plain

f:id:recoca1940:20190618181203j:plain

f:id:recoca1940:20190618181231j:plain

池の向こう岸には高級住宅が林立しているところを取ろうと思ったのだが縮小しすぎた。

f:id:recoca1940:20190618181502j:plain

f:id:recoca1940:20190618181528j:plain

f:id:recoca1940:20190618181559j:plain

この木は「ラクウショウ」という名の練馬の名木。高さ20mにもなる。

f:id:recoca1940:20190618181731j:plain

f:id:recoca1940:20190618181755j:plain

湖畔の紫陽花。

f:id:recoca1940:20190618182026j:plain

f:id:recoca1940:20190618182045j:plain

f:id:recoca1940:20190618182104j:plain

f:id:recoca1940:20190618182120j:plain

紫陽花を写生する人々。

f:id:recoca1940:20190618182226j:plain

〇♬コンドルは飛んで行く

丁度一年前にアップした曲(RECOCA=私のオカリナ)を再掲しておきます。今聞くとあまりよい出来栄えではありませんでしたが。一年ユーチューブで訓練しているので、いまやり直せばかなり改善できそうだ。人は経験によって進化する?

youtu.be

♪花の首飾り

ザ・タイガースの「花の首飾り」です。

1968年5枚目のシングル発売でこのグループ最大のヒット曲となった曲だそうです。1968年というと私が就職のため上京した頃なので、このグループは同じ年恰好だろうと思います。今、気安くタイガースといっていますが、実は最近まで全然知りませんでした。阪神タイガースはよく知っていますが。

数年前オカリナの曲集でこの曲、花の首飾りを見つけ、なかなかいい曲じゃないかと思って温めていた曲です。ネット情報によると、クラシックの曲を土台に作曲されたと書いてあります。音楽的基礎がしっかりしているのが長く愛される理由かもしれません。

それではまず、RECOCA(=私)のオカリナで花の首飾り

youtu.be

つぎに、元祖ザ・タイガースの歌。

youtu.be

 

また雨

雨降りなんだが、友人の絵の展覧会に出かける用がある。

以下は関係ない記事です。

①早くこれをやるべき

f:id:recoca1940:20190615094943j:plain

遅くなった罪滅ぼしに東京都は補助金で賄うことにしたので利用者負担はほぼゼロ。この制度が全国的になるといいですね。

②夏バテはまだしてませんか?この飲み物、あるカレンダーの6月に掲載されていた。このくらいなら自分にも作れる。夏バテに効果あり?

f:id:recoca1940:20190615095342j:plain

バナナと甘酒のスムージー

バナナで作るスムージーを甘酒でさらに栄養バランスをアップ。甘酒に含まれるブドウ糖で砂糖なしでもしっかり甘くクリーミーなコクも魅力だそうです。自分はまだ飲んだことないのでどなたか試して教えてください。

③自宅近傍点描(東京都東久留米市の住宅地)

都会の田舎で基本的に畑(水が少ないので畑)と林、竹やぶの中に住宅が点在する環境だったのが急速に変わってきています。

下の写真、自宅のほとんど地続きの場所です。

本来は左のような作物豊かな畑のはずが、右側に作物はなくは空き地になっている。これは住宅転向予備地です。

f:id:recoca1940:20190615100537j:plain

一方、ここから数キロ離れた同じ東久留米のところに、50年前私が上京したばかりの時に会社から与えられた借り上げ社宅のあった場所があります。久しぶりにそこを歩いてみてびっくりしました。全然住宅が新しくなって昔の記憶が全く蘇らない。しかし、かつての木造社宅の朽ち果てた無人の建物だけはそのまま残っており、周りの新築モダンな建物との見事な対比を示していてしばらく見とれてしまいました。

50年前の周辺は竹やぶやら広大な芝生畑でしたが、今回行ってみるとそれをしっかりキープしているところもあるが、こらえきれずに部分的に不動産屋に売却始めたところもあります。

f:id:recoca1940:20190615101637j:plain

上の写真、手前は残してある芝生畑。青いビニールで囲ってある部分は不動産屋に売り渡して新築の家が建ち始めたところ。

その青いビニールに覆われたところの反対側はまだ空き地ですが畑ではなく整地中みたいなのでやがて住宅地になるでしょう。

f:id:recoca1940:20190615102105j:plain

隣の林

f:id:recoca1940:20190615102237j:plain

f:id:recoca1940:20190615102157j:plain

途中で面白いものを見つけました。東久留米から清瀬に行く途中にかなりの急坂があるのですが、その坂の下に大きな石が飾ってあります。何かと思ったら、その昔(100年以上前?)土地の若者が力比べのためこの石を担いでこの坂を上る協議があったそうです。重さはなんと170㎏!米俵は何キロ?

f:id:recoca1940:20190615102729j:plain

f:id:recoca1940:20190615102744j:plain

この坂を上った。

f:id:recoca1940:20190615102827j:plain