クスノキ

PCの動作が少々怪しいので、懸案の曲のユーチューブアップを急ぐことにした。ウインドーズ7の環境へのマイクロソフト社による強制的「10」のインストールが原因と思われる。頭にきてMACに替えるというわけにもいかず、競争なきビジネスの典型的弊害がここにある。

さて今回の曲は、福山雅治詞・曲の「クスノキ」。いちごさんのご希望による。歌詞にみるとおりとてもメッセージ性の高い曲である。

f:id:recoca1940:20181015150713j:plain

さて、この曲について録音に至るまでに、RECOCAにとっての初めての体験がいくつかあった。
①楽譜と伴奏カラオケの購入

楽器店の店頭には「クスノキ」を含む曲集の楽譜とか伴奏カラオケは見当たらなかったので、曲ごとに買えるネット販売を利用することにし、ヤマハ楽器の運営する「プリント楽譜」から初めて購入してみた。クスノキと指定してクレジットカードの番号を送信すると、すぐにRECOCAのPCに楽譜と演奏音源が送信されてくる。音源はMIDI(コンピュータが作成した音)であるから生演奏には程遠いが我慢することにしよう。ありがたいことに、あらかじめダウンロードしておいたぷりんと楽譜の再生ソフトを使うと自由に「マイナスワン」を作成できる。この機能を使って、邪魔なメロディガイド音を削除すると本格的な伴奏曲になるのである。

ところで、この音源ファイルをダウンロードする前に「解凍」するように、という指示があった。こんな指示は初めてだったのでさては、ネットの社会にも「クール宅急便」が始まったのかと感心したが、解凍のための「チン」する装置が見当たらない。ぷりんと楽譜に聞いたら、何でもいいから「解凍ソフト」をインストールするようにとのことだったので、無料ソフトを見繕って導入し「チン」に成功した。ファイルの冷凍、解凍とは業界用語で、ファイルの容量を減らす=冷凍、元に戻すこと=解凍ということらしい。こうすることで送受信の負担が減ることになる。うまい用語を考えたものだ。楽譜と音源〆て540円。

②カラオケルームで録音

楽器の練習にカラオケルームを使うということを知人に聞いたので今回試してみた。東久留米の駅に大小2店舗ある。小さくてちょっとみすぼらしい店構え、従って格安そうな方に入ってみた。午前中に入店すると1時間150円ドリンクバー付きだった。部屋は超狭いが2人くらいなら我慢できるかなという感じ。しかし外部の音完全密閉というわけではなかった。録音に支障あるかなと思ったが意外に大丈夫だった。時々大きなドラムの音が響いてきて、耳のいい人には「クスノキ」の演奏に乗って聞こえるかもしれないのでご了承ください。録音状態は非常に良いです。割引券ももらったし、カラオケルーム録音は病みつきになりそう。

それではRECOCAのオカリナで「クスノキ」。

youtu.be

柿狩り

今日は一段と肌寒い。ついに今秋はじめてセーターの出番になった。

なんか世の中、株暴落みたいですね。

新聞の川柳欄にRECOCAのことを見透かされた句が載っていた。

「持たざるにストレスはなし株ニュース」

今日も株安みたいにどんよりと曇り空。古来10月10日は晴れることになっているはずだがどうしたんでしょう。前の東京五輪もそれを見越してこの日に開会式を設定した。気候変動の影響で過去の天気はもう参考にならないのかもしれません。

さて、今日は曇天憂さ晴らしのために柿狩りでした。しかし別に大層な柿畑へ出かけたわけではありません。全くその逆で、交通費ゼロで行ける、うちの庭続きの農家の柿畑です。見た目は食べられそうに見えないが、どうしてどうして、農協へ売りに出せる品質というから立派なものです。今日はビニール大袋一杯詰め込み自由1000円で柿狩り。

農家の畑

この反対側に柿畑があり、左手奥にRECOCAの農園があります。

f:id:recoca1940:20181013151102j:plain

柿狩りの様子

f:id:recoca1940:20181013151644j:plain

f:id:recoca1940:20181013151700j:plain

収穫物

f:id:recoca1940:20181013151731j:plain

f:id:recoca1940:20181013151744j:plain

こんな品質です。

f:id:recoca1940:20181013151807j:plain

これだけ取ってもまだある。

f:id:recoca1940:20181013151854j:plain

f:id:recoca1940:20181013151906j:plain

古来の言い伝えでは柿は大層な健康食品で、柿が豊作だと医者が青くなるといわれているほどなので,RECOCA一家は暫く医者いらずの生活ができそうです。

 

オカリナー風の盆恋歌ー

お盆はだいぶ前に過ぎ去ったが、RECOCAにとってはこの時期意味がある。10月11日は日本時間で息子の湖での事故死正月命日だからである。8年が経過した。

・子の逝きし湖の碧さよ秋彼岸

・彼の国にメープル枯れし頃に逝く

                  RECOCA

風の盆恋歌

風の盆はご存知の通り富山県八尾市で盛大に繰り広げられる盆踊りである。最大の特徴は細長い編み笠で顔を隠して踊ること。一説によると、羞恥心から顔を隠したといわれている。櫓を囲んで踊るのではなく、街の道路を三味線や胡弓とともに夜を徹して踊り歩く。

・編み笠の蝶舞ふ夜や風の盆

・編み笠の色香懐かし風の盆

・編み笠の大河の流れ風の盆

・三味の音の吾に囁き風の盆

                RECOCA

ではRECOCAのオカリナでどうぞ。

youtu.be

・今朝の収穫

f:id:recoca1940:20181011094614j:plain

メインはイチジク。それとゴーヤ、柚子。結構食える。しかし、ゴーヤは豊作ながら願い下げにしてもらいたい。沖縄はゴーヤを食すので長寿との噂なので、目をつむって苦い薬だと思って飲み込んでいるが・・。

・遠山の裾色付きて秋うらら

・コスモスを犬と見ている日曜日

                 RECOCA

 

オカリナオリジナル曲「クスノキの下で」

クスノキの下で」は、オカリナ、ギター奏者でオカリナ製作者ヒロミチ氏のオリジナル曲です。RECOCAの演奏オカリナも同氏作を使用中です。

この曲は、お寺の境内にある巨大なクスノキをながめながら作った曲だそうです。聴いていると深い瞑想に入っていく感じがしませんか。

画像は全てRECOCA住居から自転車で20分以内にある東久留米の風景です。この町には、こんな感じの樹木鬱蒼とした地域があり、市の保存樹木として登録整備されています。

なお、先にRECOCAの定期的なアップロードは種切れお仕舞と書きましたが、やり残した曲が結構見つかったのでしばらくは(少なくも1カ月)続きます。

youtu.be

朝日新聞朝刊(10月7日)

RECOCAが懸念したとおりだ。

①安易に免疫療法に飛びつかないこと。市井の療法はほとんど効果が怪しい。今、鳴り物入りのオブシーボも効く例が少ないし、筋委縮症など今まで聞いたことない重篤な副作用がある。それに高価。

②細る日本の大学の研究力

RECOCAは大学院のシステムを問題にしたが、新聞では財務省の研究費支給配分方法を問題にしている。旧来は日本の官僚は優秀で任せておけたが、最近は財務省や文部省は上目遣いばかりで気骨の入った政策を期待できるのかはなはだ不安。10年後に、やっぱり間違いだったというのでは間に合わないのである。たとえて言えば、気候変動に対する政策と同じで、軌道修正の効果がすぐには出ない。だから、広く議論を公開して最善策を講じてもらいたい。

抒情歌謡曲の巻

・オリパラ?⇒オリンピックパラリンピックのことです。予算がいくらに膨らんだと思います。

f:id:recoca1940:20181005090129j:plain

立候補時にぶち上げた額の2倍は優に超えている。こういうのって予算といえるのだろうか。おまけに会計検査院の指摘で潜っていた国負担分が半額近くあることが分かった。この分は全国区的負担ですからね、東京以外の皆様方に置かれましてもあしからずご了承願います。親方の森氏は、レガシーとして残るのだから我慢しろとのこと。東京都知事もはじめだけ威勢がよかったがすぐしぼんでしまった、典型的劇場型。

・郷里の俳句大会の入賞が中旬に決まる。入賞者には電話連絡が来るらしい。ノーベル賞の電話を待つ学者の気分が少しだけ分かった。??!!

・さて、録音のストックを吐き出すために今日は2曲アップしました。

いずれも戦後すぐにはやった抒情歌謡曲のジャンルの曲です。これがオカリナによく合います。

①黄昏の夢

www.youtube.com

②思い出は雲に似て

画像の一枚は居候の光さんにお借りしています。(後半に出ます。)

youtu.be

では元祖の歌声で本格的に癒されてください。

nyoutu.be

何故再生できないか分からない。

 

~雑~

①昨日ディケアへオカリナへ行ってショッキングな出来事。まだ49歳の職員(男性)が心筋梗塞で急死されたとのこと。そういえば少し太り過ぎが気になっていた。働き過ぎには十分気を付けましょう。

②台風24号。うちのそばの広場の大木が折れてひっくり返っていた。

f:id:recoca1940:20181003110326j:plain
f:id:recoca1940:20181003110337j:plain

③薬局へ行ったら幾種類かパンフレットがあったのでもらってきた。

漢方薬のおすすめパンフ。スマホの方は拡大して読んでください。

・風邪の漢方

f:id:recoca1940:20181003111228j:plain

f:id:recoca1940:20181003111251j:plain

・胃腸の漢方

f:id:recoca1940:20181003111347j:plain

f:id:recoca1940:20181003113510j:plain

RECOCAは長年胃が快調とは言えません。といってきわめて不調というわけでもない。10年前の胃カメラでは異常なしでした。胃酸の出すぎという診断で、タケプロンという胃酸抑制剤を数日飲めば解消します。これに加えてパンフに書いてある「六君子湯(りっくんしとう)」という漢方薬(粒)を飲んでいます。これだけでも効果はそこそこあります。処方箋薬ですが漢方専門店で買えるかもしれません。胃の不調の人は試してみてください

・年金

年金のシステムが変更になったそうです。このパンフを読んでも隔靴掻痒でよく分からんので各人お読みください。受給年金が上がるのか上がるのか変わらないのかそれを知りたいのですが。

f:id:recoca1940:20181003112704j:plain

f:id:recoca1940:20181003112730j:plain

f:id:recoca1940:20181003112756j:plain

f:id:recoca1940:20181003112817j:plain

f:id:recoca1940:20181003112834j:plain

・医療費と保険料

これも変更になった。内容はさっぱり分からないが、はっきりしたのは負担増になるということ。

f:id:recoca1940:20181003113052j:plain

f:id:recoca1940:20181003113106j:plain

f:id:recoca1940:20181003113133j:plain

 





ノーベル賞

今年も日本人ノーベル賞受賞者のめでたいニュース。

本庶博士は72歳でRECOCA世代である。今回のノーベル賞の勢いを若い世代に継続してもらいたいと思う。

懸念されるのは現在の大学における若者の研究環境だ。博士課程修了者の研究者としてのポストが著しく狭いために、博士課程進学自体を嫌う学生が急増していると報じられている。中国なんかではその逆なので、経済の次にこの分野でもいずれ抜かれてしまうのではと懸念している。 

ところで、本庶博士の研究によってがん免疫療法へ道が開けたのだそうだ。その薬がすでに開発利用されているとのことで、これは初耳でびっくりした。これはすごい朗報だが、それにしては世の中がんを取り巻く環境が良い方に変わっているようには見えない。相変わらず非常に厳しい現状にみえる。先日も樹木希林さんが全身のがんで亡くなった。免疫療法ならこういうケースこそ最適だったと思うが医者は試さなかったのだろうか。

それから、マスコミに出てくる有名人はみながんを公表して医者が手を付けると、そのあと半年~一年足らずで亡くなる例が多い状況も一向に改善していないし・・。

笑点の円楽(もと楽太郎)さんが先日肺がんを公表された。ごく初期とのことだが、これまでの有名人の例があるので超心配だ。

2018年夏~秋のRECOCA自選句

・満天に楽の音涼し日本海

・朝日染む妻の濡れ手に初茄子

・思ひ出は星の数ほど盆の月

・閉院を告げし白衣の背に晩夏

・窓開けて邪念一掃蝉時雨

・清貧を生きてほうずき鳴らしけり

・マネキンのうんざり顔や夕焼ける

・ほろほろとさまよう秋の城下町

・憂きことの多き国かな秋の虹

・息詰めて色なき秋の風の中

・新涼の雲の流れや老ひ二人

・名月や人生これから深呼吸

・海鳴りやつるべ落としの無人

・子の逝きし湖の青さよ秋彼岸

・八十生きてこれでいいのだ大夏