きのうの続き

f:id:recoca1940:20180117091719j:plain

富国強兵の道を進む日本は、日清、日露戦争へ突き進む。

f:id:recoca1940:20180117091912j:plain

江戸から東京となってからわずかわずか55年、西欧に肩を並べる巨大都市となった。西洋文明の利器、文化の貪欲な導入。銀座通りには路面電車の列。

f:id:recoca1940:20180117092409j:plain

f:id:recoca1940:20180117092521j:plain

日本橋魚河岸の近代的倉庫。

f:id:recoca1940:20180117092607j:plain

木造の由緒ある日本橋ルネッサンス様式の近代的な橋に衣替え。

f:id:recoca1940:20180117092702j:plain

f:id:recoca1940:20180117092934j:plain

庶民の街浅草の賑わい。カラー画像で見ると臨場感ひときわのものがある。

f:id:recoca1940:20180117092957j:plain

f:id:recoca1940:20180117093303j:plain

世の中にはこんなものまで。

f:id:recoca1940:20180117093347j:plain

なんと、新宿にゴルフ場!

f:id:recoca1940:20180117093434j:plain

この頃撮られた東京最初の空撮画像には一段と興味津々。

f:id:recoca1940:20180117093622j:plain

f:id:recoca1940:20180117093640j:plain

さて、営々と気付きあげられた巨大都市東京のすべては、わずか1分間の振動で瓦礫の山と化した。1923年9月1日11時59分マグニチュード7.9の関東大震災。死者10万5千人、その大半は火災の犠牲者だった。木造家屋123か所から火の手が上がり、つむじ風を引き起こして人の着物にまで着火するほどの勢いでまたたくまにもえひろがった。鎮火まで2日かかったという。その様子を当時動画に収めていた人がいるのですね。今回それをカラー化してみせてくれた。その迫力たるやすごいもの。もし、まだ見てない人はぜひ再放送をチェックされたし。

f:id:recoca1940:20180117094928j:plain

f:id:recoca1940:20180117094949j:plain

f:id:recoca1940:20180117095013j:plain

f:id:recoca1940:20180117095035j:plain

f:id:recoca1940:20180117095059j:plain

f:id:recoca1940:20180117095120j:plain

一夜明ければ・・

f:id:recoca1940:20180117095152j:plain

フランス人も無常の感覚に趣を覚えるのですね。

f:id:recoca1940:20180117095216j:plain

さてこの未曽有の破壊は驚くことにわずか7年で復興した。

f:id:recoca1940:20180117095516j:plain

これ以降の経過は写真、動画を含めて我々のよく承知するところなので割愛する。言うまでもなく終戦直前のB29爆撃機による東京無差別大空襲が第2の大破壊であったがこれもわずか10年足らずで、もはや戦後ではないのキャッチフレーズが流行するほどに復興した。

未来都市東京はいずこへ向かうのか。一つはっきりしているのは、破壊と復興を繰り返す未来は避けられないということだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古書店のワゴンに詩集日脚伸ぶ

 

 

 

NHKTV(1)

久しぶりに面白い番組を見た。NHK2CH(ETV)先週土曜」午後11時からの「よみがえるアーカイブスTOKYO」。くだらないバラエテイ番組をやめて、こういう類のを夜中でなくゴールデンアワーにやるようだったら視聴料を払ってもいいかなと思う。

この番組はフランスTV局制作のもので、かつてNHKが放映したNHKスペシャル「カラーでよみがえる東京」が下敷きになっている。この映像をフランスのTV局に提供し、彼らが独自の視点で制作した番組が今回ので、そのノーカット版である。アマチユア写真家や西洋人によって撮影された当時の映像を発掘して最新技術を駆使してカラー化したもの。とても興味をひかれた。とくに明治中期にとられた動画には目が釘付けになった。さらに目が釘付けになったのは、関東大震災の大火災のカラー動画である。つむじ風に乗って迫ってくる炎の恐怖の臨場感はすごかった。

このアーカイブスは3部建てである。1.江戸から東京へ(~1928年)2.1928~1945(終戦)3.1945~現代

この間、東京は2度の大災害で徹底的に破壊しつくされた。にもかかわらず10年に満たない短期で蘇った。(関東大震災と大空襲)今後も平和だったとしてもいずれ巨大地震に見舞われ未曽有の破壊を経験するだろう。しかし、経験則によれば必ず短期で復興する。経験則がないのが原発事故である。チェルノブイリも福島もその途上である。しかも復興が完了するのかどうかは今だに心もとない。私はこの番組を見てそのことを考えないわけにはいかなかった。

以下にTVの画像36枚を2回に分けて投稿する。今日は第一回。

フランスでの公開に際してのインタビュー

f:id:recoca1940:20180116192743j:plain

f:id:recoca1940:20180116192922j:plain

ナレーションより

「東京は60年以上にわたり世界で最大の都市である。人口3600万人の大都市圏の中心地は度重なる試練を乗り越えて今日に至っている。テクノロジーに囲まれた都市社会の未来の姿がここにある。しかし、150年前までは江戸と呼ばれる木造家屋の立ち並ぶ人口100万の街だった。近代日本の躍進と共に拡大した東京は過去の記憶を捨て去ったようだ。それらは、アマチュア写真家などの映像にしか残っていない。今回はそれを構成カラー化した。

f:id:recoca1940:20180116193927j:plain

f:id:recoca1940:20180116193950j:plain

f:id:recoca1940:20180116194015j:plain

f:id:recoca1940:20180116194035j:plain

f:id:recoca1940:20180116194056j:plain

f:id:recoca1940:20180116194145j:plain

f:id:recoca1940:20180116194235j:plain

f:id:recoca1940:20180116194325j:plain

f:id:recoca1940:20180116194517j:plain

f:id:recoca1940:20180116194541j:plain

日本橋築地魚河岸

f:id:recoca1940:20180116195335j:plain

f:id:recoca1940:20180116195521j:plain

 

 

 

 

気晴らし(2)

庭の裏手に一本のミカンの木がある。

これがまたどういう訳か今年も大豊作。

2月くらい前に100個収穫したのに、まだ残っているのがそれ以上ある。

ということで若年者の暇な助っ人を頼んでもぎりとった。

自宅で消費できないので近所親戚知人に配りまくっている。

f:id:recoca1940:20180114101157j:plain

・青天の庭を黄に染めみかん刈り

・天辺に残すみかんや鳥来る

              recoca

募集・・ミカンの句(ミカン・・季語(冬))

 

気晴らし

PCと依然としてにらみ合い。PCデポは週末込み合うので月曜にデータファイルとソフト救済について再度相談することにした。

 

なので今朝は気晴らし。

こういう名の貝をご存知ですか。サルホウ貝(猿頬貝)

松江出身の友人宅でご馳走になった貝料理です。松江の宍道湖そばの中海で取れたものを産地直送で送ってもらったそうです。

殻蒸しといって、殻付きのまま蒸して醤油、酒、みりんなどの味付けで食べるのと、貝の身の炊き込みご飯をご馳走になったがいずれも非常に美味でした。

殻蒸しは松江の郷土料理で、これがないとお正月にならないそうです。

ネット情報によると、有明海、岡山、福岡等でもとれるが別の名で呼ばれているみたいです。魚介の物知り度:知っていたら「達人級」、地域的な嗜好品、味:非常に美味という評価だそうです。

殻蒸し

f:id:recoca1940:20180113104725j:plain

スマホより君が大切冬籠る

                recoca

さて、皆様にとって「君」とはどなたでしょう?

RECOCA、PCと格闘中」

互いに四つに組んでにらみ合い。

6日夕方、突然電源が入らなくなった。入るのですが2秒で落ちてしまう。次の日PCデポという専門の修理コンサルタントの店に持ち込んだら重症の判断でメーカーのNEC送りとなった。電源だから、過去の記憶が保存されている部分(HDD:ハードディスク)には手を付けずに配線部分の取り換えですむのでは、という希望的観測をしていた。

ところがその望みは門前払いされてしまった。

部品製造中止!!

わずか購入後7年でなんたること。

f:id:recoca1940:20180110110648j:plain

電気屋の横暴とも思える勝手なふるまいには昔のMD生産中止や、ビデオやTVの規格騒ぎで感じていたが相変わらずだ。あまりに突然だったのでどうやってデータを救出するかがまだはっきりさせられないのです。同じ銘柄の予備のPCがたまたま手元にあったので、このようにブログやメールは細々と継続できている。こういう事態のために一応外部記憶装置に同じファイルを保存しているのだが、復元する操作が手探りなので、俳句や絵手紙モードにほど遠いのです。

今回、PCも電球の球と同じだということがよく分かった。どっちも切れる時は突然切れる。結局PCなんて威張ってみても、高級小児玩具なんですね。こういう危なっかしい、いい加減なtoolに重要なものを託すのは所詮大きな間違いなんです。俳句手帳のメインをPCにしてたものだから、バックアップしてない最近数か月分が雲散霧消してしまった。電気メーカーめ、とでーれー怒っとるのです。ファイルはともかく救出したいソフトがあるので、この部分は何万円か払ってでもなんとかしないといけない。

それでも俳句は根性で何とか作りました。

・潮風や丘に群れ咲く水仙

・携帯もスマホも捨てて春うらら

・虎落笛(もがりぶえ)天に届けよ仙一忌

 

作品4⇒桃

f:id:recoca1940:20180105124210j:plain

連句

・到来の桃食べ頃を添へしメモ

・桃一ついつもの膳の華やげり

・桃一つ供へてまずは絵筆とる

・リヤカーの桃産地より道の駅

・スーパーの桃を土産に夜勤明く

昨日久しぶりに銀座の目抜き通りを徘徊してみた。4日というとまだお休み気分なんでしょうね、肩が触れ合うくらいの人、人、人でした。そして外国語の洪水。しかし、ただ徘徊だけしにいったわけではありません。目的は絵手紙の絵の具を買うことと生徒のオカリナを一個調達すること。

まずは銀座一丁目の「ITOYA」へ。文房具一般、画材道具の名門店で、なうい商品を取り揃えているので最近外国人の訪問客が急激に増えている。ここで、絵手紙で推奨されている絵の具を買うつもりだったら、水彩筆というのがあるのを発見してこっちのほうが手軽に扱えそうなのでこちらを購入することにしました。30色、6千円。一万円のもあったがパス。それと画仙紙も購入。これで百均絵の具脱却です。

f:id:recoca1940:20180105133528j:plain

f:id:recoca1940:20180105133653j:plain

f:id:recoca1940:20180105134246j:plain

f:id:recoca1940:20180105135755j:plain

次は楽器店へ。銀座には山野楽器とヤマハ本店がある。まず山野楽器でお目当ての銘柄在庫3個を試奏するも音程、音質、吹き心地いずれも気に入らなかったのでパスしてヤマハへ移動。在庫5個を試秦してみて気に入ったのが一個あったのでそれを購入する。試秦室は予約してなかったが快く空けてくれた。こういうこともあろうかと、服装をバシッと決めて出かけたのが功を奏したのかもしれません。

購入楽器はこんな感じ、赤っぽい可愛い色です。

f:id:recoca1940:20180105135259j:plain

 

 

 

 

 

旬の花・水仙

作品3・水仙

f:id:recoca1940:20180103173655j:plain

この句「水仙や潮風を胸一杯に」は、カレンダーの写真を見てインスピレーションを受けました。

f:id:recoca1940:20180103174244j:plain

山の斜面に群生する黄水仙、その先に波静かな日本海。吹き上げる潮風を胸一杯に深呼吸しながら昼寝する。桃源郷です。場所は福井県の越前岬水仙ランド。

https://dearfukui.jp/sightseeing/4474

●色彩の心理・・「黄色」

水仙の黄、色彩心理学的には「コミニケーションカラー」だそうです。黄色には人に安心感を与え、心を開放的にする効果があるとされている。人間関係を円滑にする色。初対面の人に会う時は黄色いものを身につけるとよさそうです。また、黄色を好んで身につける人は、自己アッピールをしたがる傾向が強いとのこと。

相手の心を解きほぐすにも黄色い服や小物は効果的。ちなみにダメな色は黒。拒絶を示す色なので、人の心を閉ざしてしまう色なので、このような場合には不向きと言えます。裏情報を聞き出したいときも黄色で相手の心を開放的にさせるとよい。