預金凍結

預金名義人が亡くなると、銀行がそれを知った時点で名義人の預金口座が凍結されることはよく知られたこととなっている。全ての相続関係者の了解の上で口座名義人の変更をさせるためである。だから、関係者が多いとこれはこれで大変だ。相続関係届出書(全相続人の自筆署名、実印)、個人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本、相続人いんこうが全員の戸籍謄本、相続人全員の印鑑証明が必要になるから。

ところが、亡くなる前にも重大な関門があった。皆さんはご存知でしたか。私は全く寝耳に水だった。認知症です。例えば銀行ATMなどで、操作手順や暗証番号を忘れてもたもたしたとしますよね。最近では、そんな時銀行が認知症の判定を下して、即口座凍結してしまうそうである。二人に一人は認知症になる時代、これは由々しき問題だ。一番銀行に怪しまれる行為は、暗証番号を何回も入力しなおすこと。だから、2回くらいやってダメだったら、その場を引き上げ別の機会に気を取り直してトライすべきである。だから、暗証番号はなるべく分かりやすい番号にすること。生年月日などダメとしつこく言われるが、緊急事態に備えてすべて無視することです。

基本情報は「週刊現代12月22日」から得た。最近、「現代」や「ポスト」はあまり知られていないニッチの重要情報をしっかり発掘して掲載している。この路線を継承すれば、いわゆる「袋綴じ」写真に頼る必要がなくなるだろう。現在はまだ真面目な記事に自信がないのか袋綴じと併用しているが、袋綴じ目当てに買ってきたとあらぬ疑いをかけられぬためにも早くどっちつかずの路線から卒業すべきだ。

それでは、同誌の記事のコピーの一部を紹介する。

f:id:recoca1940:20181214101257j:plain

f:id:recoca1940:20181214101519j:plain

f:id:recoca1940:20181214101538j:plain

f:id:recoca1940:20181214101553j:plain

預金者の財産を守るという銀行の使命も分からんではないが、問題は素人の銀行が15~30分あまりの面接で認知症の判断をして即口座凍結することである。しかも、別の支店にいったらOKだったというあいまいさ。これは認知症の症状が日替わり変化することに起因している。おそらく、民事裁判に持ち込めば、素人の銀行の認知症判断による口座凍結は違法として勝訴できると思うが、そこまでやる元気な人が今のところ出てきて居ない。

口座凍結になると何故面倒かというと、ある意味相続の場合以上に負担がかかるからだ。なぜなら、実子でもダメ、解除には「後見人」の指定が必要だからだ。これには

毎月下手すると何万も費用が発生するし、後見人が絶対に横領しないという保証もないから、実にばかばかしいことである。つまりなってしまってからでは遅い、どうしようもないというところが恐ろしいのである。

だが事前にできる簡単な安全措置がある。それは、預金口座を共同名義にしておくこと。複数人が同時に認知症になることはないからである。しかし、親戚疎遠な独り暮らしの場合は困るが。さらに、預金はすべて、扱いが簡単な普通預金にしておくことである定期は意味なし。

 

東久留米の年末年始

年末⇒ダイヤモンド富士冬至

東久留米駅西口テラスは西方に開け富士山が正面に遠望できる。冬至には山頂に日が沈む。カメラマンが朝から場所取りで足の踏み場もなくなる。

・夢多き久留米の里の冬至かな

・久留米っ子富士のダイヤで大富豪

f:id:recoca1940:20181213112106j:plain 

年始⇒七福神めぐりウオーキング(3時間)出発受付地点:駅西口そば

1月12日土曜日(午前9時半~11時半受付)

終着点:東久留米市役所。ここで接待イベント11時から。いろんな出し物のなかに

RECOCAのオカリナも一曲混じっています。歩きに来ませんか。

・微笑みの神の七福里に春

f:id:recoca1940:20181213113143j:plain

f:id:recoca1940:20181213113211j:plain

東京近郊にはこれだけあります。神様だらけですね。幸福にならない方が不思議。

f:id:recoca1940:20181213113345j:plain

 

「恋とはどんなものかしら」

突然ですがモーツアルト。オペラ、フィガロの結婚からケルビーノの歌うアリアです。1786年。

ケルビーノが慕う伯爵夫人にいいところを見せようと、自作の詩を一生懸命歌います。恋への憧れに満ちた初々しい歌。「恋の悩みを知る君は/この胸に燃ゆるを/恋の炎とみたもうや/なんと知れぬこの思いを/君が前に語らん/~以下略」ウイキペディアより。

ところで、RECOCAはオペラに興味なしです。理由①ストーリーが下らない。②入場料が高額すぎる。(2万円はざら、海外の著名公演だと倍、つまり4万円)ただし、音楽は素晴らしいから、アリア集をCDで聞くとか、DVDを買って目をつぶって音楽だけ聴くというのならいいと思います。今回はこのアリアをリコーダーでやります。伴奏はチェンバロ

その前に本物はどんなか聴いてみましょう。

youtu.be

下手なリコーダーでやるとこうなります。

RECOCAのリコーダー演奏。

youtu.be

・ゴーンさんの留置場生活長引いていますね。こんなもんで驚いてはだめ。記憶違いでなければ、例の籠池氏は700日!どうしてこうなるのか。おそらく自白偏重主義に偏っているのではないか。証拠を固めてから逮捕だったらさっさと検察に送れるはず。これは、有罪、無罪に拘らず逮捕イコール700日の実刑と同じではないか。もし裁判で無罪だったらどうする。日割り計算で損害賠償してくれるのか。

・ゴーンさんちょろまかした額が多すぎたね。昔フランスはじめ英米はこの手でアジアアフリカ植民地の金を搾り取った。ゴーンさんの感覚はこういう植民地支配の名残だという人がいて、それもありかなとその意見に感心した。彼は有能経営者といわれるけど、やったことは非情大量解雇だけでしょう。同情心がない人非人ならゴーン氏でなくても誰でもできる。ごまかした百億円があれば解雇せずに何人救えた?

今朝の新聞記事から

・警察官が個人情報収集?

朝日新聞「声」投書から。

いまだにこういうことが行われている地方があるのか目を疑った。

警察官が戸別訪問して、住所氏名、携帯含む電話番号、勤務先、通学先、家族情報などを巡回カードに書いて出せというのである。投書された方は91歳ながら、怪しいと感じて断固拒否されたと書かれている。もし、これが偽警官で、提出項目の片隅に銀行カード、クレジットカード番号などとさりげなく書かれていたら、書き込む人はゼロではないだろう。我が家には、警察署から詐欺警戒の注意喚起電話が頻繁にかかってくる。その大元がこんな紛らわしい行為を行っているとは全く信じがたいことである。警察手帳を見せられても、制服警察官の真偽を素人が見分けるのは不可能である。

f:id:recoca1940:20181208125325j:plain

・改正入管法

外国人労働者の受け入れ拡大を目指した法改正である。内容が不十分だとして強い反対を受けているようだが、一歩前進なので私は賛成である。法の中身は、環境変化を見ながら徐々に行うべきで、一足飛びにドラスチックなものを作るべきではないと思う。

民法をゆるゆるにした結果今何が進行中か外国の例をよく注視すべきだと思う。

例えばオーストラリア。先日のNHKBS「静かなる侵略ー中国新移民に揺れるオーストラリア」を見られた方はお分かりと思う。現状、移民数は全人口の5%に達しているとのことである。非常に有能な中国移民が多数存在する結果、彼らによる先進分野における経済活動が顕著で、オーストラリアの経済、社会的貢献は大なるものがあるようである。その一方この状況を憂慮する同国の識者が少なからずおられる。というのは、経済活動のバックに中国共産党の指導が垣間見えるというのである。その結果、「経済投資を媒介にして最終的にオーストラリアを従属国にしたいのです。」との見方を示しておられる。現状は広大な中国寺院の建設、黒鳥生息の海浜地域の大規模リゾート開発等にとどまっているが、長期戦略は2045年に見直される南極資源開発である。この時、オーストラリアに前進基地があれば誠に好都合の思惑があるのでは、ということらしい。

翻って日本の現状を見ると、彼らの行動は土地購入への投資など純粋経済活動に留まっているが、なにかの国益に結びつくと判断すれば強力な戦略的行動に打って出るのはオーストラリアの例を見れば明らかであろう。そうなってからおたおたするのでは遅い。しっかりとした日本国の国益優先の監視体制は出来ているのだろうか。

 

黄昏のビギン

昭和34年の曲である。数年前この曲を初めて知ったとき、こんな粋なメロディを作る日本人がいるんだ、とびっくりした。しかも、昭和34年に。中村八大の作曲で永六輔の詞である。ハイセンスの名コンビが既に始まっていたんですね。

ビギンとは西インド諸島のダンス音楽のリズム。どうりでどこか異国情緒を感じるメロデイである。

歌ったのは最初水原弘、そのあとちあきなおみがカバーしている。水原版は比較的アップテンポ、なおみ版はスローテンポ。現地のリズムは水原版の方が近いと評する人がいるが、オカリナはなおみ版に近いしっとり感を強調している。

何時聞いても、ハイセンスだ。天才中村八大。

ではRECOCAのオカリナ版で。

youtu.be

つぎに、水原弘

youtu.be

ちあきなおみ版では。

youtu.be

リコーダーコンサートへ出かける@上野の森

昨夜、リコーダーコンサートへ出かけてきた。ベルギーの世界最高峰のリコーダーカルテット、「フランダースリコーダーカルテット」である。一時期、日本人奏者も在籍していた。今回諸般の事情で解散ということになり、その31年間の活動に終止符を打つ惜別コンサートのファイナル公演として日本の地を選んでくれた。このグループの音楽のまず目につく特徴はとにかく重厚ということである。それは、巨大なリコーダーが複数登場するということに起因している。次のチラシの画像を見てもらえば一目瞭然。

f:id:recoca1940:20181204105635j:plain

さらに、現物の写真。

f:id:recoca1940:20181204105825j:plain

f:id:recoca1940:20181204105904j:plain

f:id:recoca1940:20181204110323j:plain

会場は、北海道、九州含めつづ浦々からの観客で超満員御礼。

・笛の音のいよよ分かれぞ年暮れる  RECOCA

開演は午後7時だったので、その前に腹ごしらえのため、上野駅構内にある高級フレンチレストランへ友人含め5名で陣取る。銀座の高級フレンチ「銀座レカン」の出店である。開演までにあまり時間がないので(時間があっても多分同じだが)、夕食メニューでの最安値を注文する。それでも、ワイン等を入れると結構なものになる。ここは、上野駅の貴賓室をそのままレストランに転用したところなので天井が高く、確かに気品に満ちている。我々の席は一番奥だったので、天皇陛下の席だったのではないかと思った。そうおもうと、最安値のメニューでも光輝いて見えた。当然の如く美味であった。

f:id:recoca1940:20181204111440j:plain

追伸1

f:id:recoca1940:20181204141735j:plain

リコーダー音楽祭

・午後2時20分in東久留米

室内気温、何もしなくても25度!すご~い。

追伸2

すごい重厚。

youtu.be

 

 

 

空よ

空よ、1970年トワ・エ・モアの歌った曲。

NHKTV番組「あなたのメロディ」で視聴者公募の曲をプロの歌手が歌うという番組で生まれた曲だそうです。この歌を聞くと、青春時代に思い入れがある人は涙ぐむのではないかという気がします。確か、ごいさんリクエスト?

今回は本家の演奏から紹介。

youtu.be

つぎにRECOCAの演奏。今回は都合によりオカリナでなくアルトリコーダーを使っています。画像の一部は居候の光さんブログから借用しました。カラオケ伴奏は、ネットに投稿されているのを借用しています。

youtu.be

・ところで、ゴーン氏の拘留長引いていますね。これは日本の警察の取り調べの常とう手段で、場所も警察の管轄内の留置場というところで行われています。日本の裁判は自白重要視主義ですから、何が何でも自白させようとし、否認すると必然的に長くなるわけです。これはいわゆる先進国といわれている国では日本だけのシステムのようです。前回紹介した平凡社の日本人の大疑問のなかに、「留置場ってどんなとこ?」という見出しがあったので読んでみました。待遇は非常に劣悪です。24時間の看守の目にされされる、朝8時から夜11時まで取り調べ、弁護士立会無し、面会も15分、朝食ごはん、殆ど実のない味噌汁、漬物。昼ごはんがすごい、コッペパン一個と角砂糖と白湯!、夕食はご飯とおかず一品。留置場内ではみだりに立ったり座ったり動き回ったり、就寝時以外寝そべってはいけない、留置室内への持ち込みは小型ハンカチとちり紙のみ。この環境で何日耐えられるか体力気力勝負です。こういうところはアジアだな~と思います。なお、この本は20年前の出版ですから、今は少しは待遇改善しているかもしれません。いずれにしろ、鬼平犯科帳の世界を連想しました。