読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病んだネット社会

今回は少し長文ですが、花クイズあります。俳句は?講座の課題と東海市の句会へ投句したらまたスランプに陥ったのでありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.フェイクニュース(嘘ニュース)の蔓延

ネットがなく、TV、ラジオの時代はエイプリルフールの嘘も大らかでロマンがあった。例えば、宇宙人の襲来を英国のラジオ局が放送して本当にパニックを引き起こしたなどはユーモアに満ちた冗談だった。

ところが、ネットのくもの巣状態の現在といえば、冗談と笑って済ますにはきつすぎる嘘ニュースが多すぎるようだ。

例えば米国大統領選挙のとき、トランプ大統領がらみでセンセーショナルに流されたニュースの3割は興味本位の嘘だったとか。しかも容易に見分けられないように本物に紛れ込ませてある。それが、有権者投票行動に影響を及ぼした結果の大統領誕生だったとしたら、米国いや世界の病み具合は半端ではなかろうと思う。

なぜそんな事態が・・。多くの人が新聞、TVのオーソドックスな媒体を捨て、ネット頼みになっていることが大きいと思う。真偽のクロスチェックが出来ないままにFB(フェイスブック)などで拡散させてしまうからである。

一方、なぜそんな興味本位の尤もらしい嘘ニュースを流すのか。理由は、TVのマケドニアのドキュメンタリー番組を見てびっくりした。広告の張り付いたニュースはクリック数に比例して版元が儲かる仕組みになっているのである。話題の人物のセンセーショナルのニュースであればあるほど視聴回数が稼げる。そのことに気づいたマケドニアという小国の若者が始めて、今では一大秘密ウソニュース作成集団が同国に出来ているとのことである。一人月100万円の稼ぎになるらしいから何をかいわんやである。

2.犯罪動画

ユーチューブの発達は実に目を見張るものがある。一般の素人が気軽にパフォーマンスを全地球規模に発信できるなど数十年前には思いもよらぬことだった。今はそれが可能になった。しかもチェック機能なしの究極の門戸開放。

しかし、それが仇で、予想通りの副作用が露になってきている。単なる玉石混交なら可愛げがあるが、世の中に害を及ぼす動画の蔓延は困る。

犯罪動画の投稿

このところ、犯罪の現場を撮影した動画がネットに投稿される例が相次いでいるとのことである。投稿者自身が実行する殺人の様子の投稿、運転を巡るトラブルなどで人を脅す様子の投稿、凄惨ないじめの現場等々。出来るだけセンセーショナルな画像であればあるほど望ましい。なぜか。これも記事が拡散されてクリック回数を稼ぐためである。この稼ぎのシステムを断ち切らぬ限りもぐらたたきのように同種の現象はなくならないだろう。

違反動画の投稿

「歌ってみました」の著作権侵害判決がでた。何が違反かというとカラオケの伴奏音楽を勝手に流すのが違反なのである。ユーチューブを見れば、「歌ってみました」の類は山とある。これ多分全て違反。一方、アカペラの声のみだったら何を歌ってもOK、というのが紛らわしいが、これはユーチューブと著作権協会が協定を結んでいて、ユーチューブが著作権料を事前に支払っているので私たちは何を歌っても大丈夫なのだそうである。

3.コンピュータウイルスの蔓延

ここのところにわかにコンピュータウイルスの被害が広範囲に蔓延しているというニュース。この目的は何か。従来は、ウソニュースみたいに金目当てではなかったが、今回はちょっと違うみたいだから玉が小さい。自己顕示欲の愉快犯かはたまたサイバーテロなら問題だが。世界の主要インフラはいまや人間の手の及ばないコンピューター制御の時代である。国の防衛網や電力、飲料水の源泉をサイバー攻撃されたら一たまりもないだろうから。これを逆手にとって、某国のミサイルシステムを無力化してくれたら世のため人のためになるのにと思ったりする。

◆━━━━━━━━┓

ご注意ください

┗━━━━━━━━┛─────────────────────────

 

 金銭を狙うランサムウェアによる攻撃が世界各国で発生中

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 感染するとあなたの大事な写真や動画、ファイルが使えなくなります

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 感染した端末のファイルを勝手に暗号化することによって使用できなくしたのち、元に戻すことと引き換えに「身代金」を要求する「ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)WannaCry/Wcry 」による攻撃が世界中

 で多発しています。国内でも感染が報告されており、注意が必要です。

 

  ▼詳しくはこちら

  ⇒

https://maildelivery.trendmicro.co.jp/pub/cc?_ri_=X0Gzc2X%3DYQpglLjHJlYQGnMinUXMbr9q4i0J9lerKgsFLFsKUDzglqYcOvzdhHtmzf24OtzdBrzgguRozg5Dzgl1t7cVXtpKX%3DAAWSWY&_ei_=EolaGGF4SNMvxFF7KucKuWNFwKOFx3ObOt1AH93yFV8NOiuv6smixLg7K6g4qyxH7QeGNLDOZ4HyZqc3Icru.Jg%3D%3D

メールの添付ファイルに注意してください。ウイルスは添付ファイルに張り付いている。知らない差出人の添付ファイルは開かぬこと。添付ファイルを自動的に開くモードでの使用は非常に危険なのでおやめ下さい。

 

4.最後に「不思議なこと」

なぜ、高額現金強盗、窃盗事件の犯人が捜せないのか実に不思議だ。ついに警察署なの金庫からさえ一億円近い現金が煙の如く消えた。捕らえて見れば警官だったなんてことにならなければ良いが。いまや警察にも防犯カメラが必要だ。

・花クイズ

初級・中級編

f:id:recoca1940:20170517075542j:plain

f:id:recoca1940:20170517075701j:plain

上級難問編も用意してありますのでご期待下さい。