預金凍結

預金名義人が亡くなると、銀行がそれを知った時点で名義人の預金口座が凍結されることはよく知られたこととなっている。全ての相続関係者の了解の上で口座名義人の変更をさせるためである。だから、関係者が多いとこれはこれで大変だ。相続関係届出書(全相…

東久留米の年末年始

年末⇒ダイヤモンド富士@冬至 東久留米駅西口テラスは西方に開け富士山が正面に遠望できる。冬至には山頂に日が沈む。カメラマンが朝から場所取りで足の踏み場もなくなる。 ・夢多き久留米の里の冬至かな ・久留米っ子富士のダイヤで大富豪 年始⇒七福神めぐ…

「恋とはどんなものかしら」

突然ですがモーツアルト。オペラ、フィガロの結婚からケルビーノの歌うアリアです。1786年。 ケルビーノが慕う伯爵夫人にいいところを見せようと、自作の詩を一生懸命歌います。恋への憧れに満ちた初々しい歌。「恋の悩みを知る君は/この胸に燃ゆるを/恋の炎…

今朝の新聞記事から

・警察官が個人情報収集? 朝日新聞「声」投書から。 いまだにこういうことが行われている地方があるのか目を疑った。 警察官が戸別訪問して、住所氏名、携帯含む電話番号、勤務先、通学先、家族情報などを巡回カードに書いて出せというのである。投書された…

黄昏のビギン

昭和34年の曲である。数年前この曲を初めて知ったとき、こんな粋なメロディを作る日本人がいるんだ、とびっくりした。しかも、昭和34年に。中村八大の作曲で永六輔の詞である。ハイセンスの名コンビが既に始まっていたんですね。 ビギンとは西インド諸島のダ…

リコーダーコンサートへ出かける@上野の森

昨夜、リコーダーコンサートへ出かけてきた。ベルギーの世界最高峰のリコーダーカルテット、「フランダースリコーダーカルテット」である。一時期、日本人奏者も在籍していた。今回諸般の事情で解散ということになり、その31年間の活動に終止符を打つ惜別コ…

空よ

空よ、1970年トワ・エ・モアの歌った曲。 NHKTV番組「あなたのメロディ」で視聴者公募の曲をプロの歌手が歌うという番組で生まれた曲だそうです。この歌を聞くと、青春時代に思い入れがある人は涙ぐむのではないかという気がします。確か、ごいさんリクエス…

雑記事(2)

今日のRECOCAの世の中に対する苦情・いちゃもん・はてなの一押しはこれ。 ①裁判官の常識? これを読んでください。この裁判判決おかしいと思いません? バトミントンのダブルス試合中、パートナーの振ったラケットが眼に当たってけがをしたことに対する損害…

今日は天気がよくて寒くなくて、何もすることがなく、非常に暇だったので、何気なく雑誌を見ていたら、(RECOCAが)読めない名前の花の写真が載っていた。 これ、なんでしょう。花博士はすぐお分かりですよね。漢字で「吾亦紅」と書きます。さてなんと読むで…

オカリナライブ@東久留米市文化祭2018.11.24

今日、東久留米市文化祭一芸会のプログラムの中で一曲オカリナの演奏を行った。 曲は、街の灯り。堺正章氏のデビュ曲である。 出番は午後の4時半ごろ。対して集合打ち合わせは2時だったので、出番まで相当間があるので自転車で5分の自宅で待機することにした…

港が見える丘

1947年(昭和22年)の歌。当時の新人歌手、平野愛子のデヴィユ曲である。 歌詞に具体的地名は登場しないが、後に横浜市がこの歌に因んで、「港が見える丘」公園を指定した。なので、横浜の歌として親しまれているが、作詞作曲者の東辰三の出身地である神戸の…

頭を’ゴーン’

50億円とはスケールが違い過ぎて世界が想像できない。 ・欲望の果てしなき世や秋の風 ・英雄の没落早し秋刀魚焼く 他、今朝の雑詠 ・懐かしやふるさと歌うそのたびに ・行く秋の別れぞ友の訃の便り ・小春日やオナガの鳥のけたたまし 句会 郷里の市の句大会…

雨の慕情

東久留米界隈は秋晴れの快晴が続いています。この陽気には相応しくないですが、今朝の曲は、八代亜紀の歌った「雨の慕情」です。 この歌のサビは、「あめあめふれふれもっと降れ、~」ですから、雨乞いの演歌とRECOCAは呼んでいます。一週間雨が降ってないで…

名古屋

朝日新聞読者投書欄「声」に、昨日こんな投書が載った。 例の「最も魅力ない都市ランキング」に名古屋市が堂々の2回連続1位になったことについてである。こんな企画がはやること自体日本人があほになっている証拠だが、こんなものを天下の河村名古屋市長が気…

「青春日記」

青春日記、とても古い歌ですが、ご存知の方おられたらすごいです。 私はネットでたまたま最近耳にしました。 昭和12年(1937年)の作。RECOCA生誕前の出来事で感慨深いものがあります。 ただし、作詞作曲歌唱とも下記に示す通りのゴールデンコンビの先駆けで…

雑記事

①口と足で書いた絵のカレンダー 去年かおととしここで書いたと思うが、年末にこれが郵送されてくるのがこの時期の我が家の風物詩です。みなさん、星野富弘さんのカレンダーご存知ですよね。買っておられる方もおられると思いますが、「口と足~」もそれに匹…

秋桜(こすもす)

コスモスが咲いている間に間に合わせようとしていたが、なんとか間に合った。 秋桜、さだまさしさんの代表作の名曲である。昭和52年の作というから、RECOCAの上京、会社入社10年目くらいの時、相当昔だが今聞いても何ら古さを感じない。 この曲は当時のフォ…

「ある日突然」

トアエモアの歌「ある日突然」ユーチューブアップしました。 この動画、ごいさんリクエストで、出来立てほやほやですが、実はこのPC(NECラヴィエW10)が非常に怪しい状態で、折角の完成品がストック中にPCアウトになると目も当てられないので、出来上がった…

憧れのハワイ航路

今朝は、快晴の秋晴れ、老人はこういう青空を見ると昔ハワイに憧れたことを思い出す。従って、今朝の曲は「憧れのハワイ航路」です。今もハワイに新婚旅行、はやっているのだろうか。 水を差すようで恐縮ですがこんな話があります。米国の西海岸の都市、サン…

さざんか・追伸

さざんかの宿を不倫の歌と断罪してしまったが、あとでこの歌の愛好家と大川栄策さんに失礼なことを言ったかなと反省して、さざんかの宿は「大人の愛の歌」と言い直して訂正お詫びしますのでよろしく。おとなになればいろいろあらーな、というおおらかな感性…

さざんかの宿

さざんか、数少ない冬の名花。この歌が世に広まってから不倫にまつわる花のイメージが自分の中には出来上がってしまってさざんかには申し訳ない。 この歌を聞くと、サークルの施設訪問で毎週のようにこの歌を披露していたサークル仲間のことを思い出す。どう…

ジュリアの音信(2)

ジュリアの音信 W.Tステッド著 桑原啓善抄訳 でくのぼう出版より 第一編 友人エレンに充てた音信 ①現界から他界への移行 ・死がこんなに心地よい眠りからの眼覚めとは思いませんでした。 ・死の時は何の苦痛もなく、ただぐっすりと眠った後、目が覚めるよう…

ジュリアの通信

一年前、RECOCAはこのブログで、霊魂と死後生の存在は信仰ではなくて、知識として信ずべき理由があると書いた。その一端をお話しするときが来たようです。 そのうちの一つは、前回紹介したような有能な霊能者の存在、もう一つはこれから紹介する「霊界通信」…

自殺について

米国の霊能者メアリー・ブラウンの本の記述でもう一つ特記しておきたい箇所がある。それは自殺について。日本は文明国家で自殺大国だそうだからぜひ言及しておきたい。 前回の記事で、フォークの名曲「誰もいない海」は自殺防止キャンペーンの歌だと茶化した…

悲しみの掟

前に紹介した、米国有数の霊能者メアリー・T・ブラウンのことばです。 少し長いですが以下引用です。この記事が、悲しみに直面している方々に多少なりとも慰めになればこれにすぎる幸はありません。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 悲しみの掟 …

一年前を振り返って

はてな事務局からのメールで、一年前のブログ記事を振り返りませんか、というのが来た。振り返ってみると、ユーチューブ投稿第5作という題だから、ちょうど去年の9月ころから始めたのだろう。60作くらいになっていると思う。コメント欄を見ると、いちごさん…

誰もいない海

秋にピッタリの曲です。里の秋とか紅葉ではなく、フォークの名曲「誰もいない海」。 秋⇒誰もいない海⇒海に約束「死にはしないと」。 ユニークな連想の詞。各コーラスに出てくる海への誓い「つらくても、ひとりでも 死にはしない」。自殺防止のキャンペーンに…

寅さんの歌

歌手、渥美清さんが歌う日本の歌、知ってました?? ユーチューブの散歩でたまたま見つけて驚き感動しました。 抒情歌謡や日本の歌、童謡歌手では妹の倍賞千恵子の右に出る者はいないと思っていましたが、それに勝るとも劣らない味わい深さです。 寅さん映画…

詐欺?かな

ネットや電話空間には詐欺師が溢れ、街を見れば詐欺師がゴマンと背広を着て歩いている状況の昨今です。 ・まず、もうこれはポピュラーですから引っかかる人いませんね。架空請求詐欺です。 ・それからこんなのはどうでしょう。原野商法に絡む詐欺です。転売…

金儲けや戦争以上に大事なこと

前のブログ記事で8年前長男を事故死で亡くしたと書いた。それにしてはあっけらかんとした記事内容だと思った方がいたのではなかろうか。 実はこの事件が起こる大分以前に死は通過点に過ぎないという知識を得ていたからである。これに関してはかなり多量の書…